週1回のパーソナルトレーニングでも効果はあるの?fis.の根拠のある説明

投稿日:2017年9月7日 更新日:

フルスクワット

大阪のパーソナルトレーニングジム fis.にはコースが色々ありますが、基本となるのは16回コースを受けていただき、その後、月4回の最も料金がお得になる継続コースに移行していただくことが最も身体作りと維持には良いと考えております。

月4回ということは、週に1回パーソナルを受けると考えると週1回トレーニングする形になります。

1週間のうちトレーニングをするのはたった1回です。

こんなにやらなくても本当に効果あるの?と思われるかもしれません。

断言しますが、効果はあります!

それも微々たる効果ではなく、しっかりと向上していくことができます!

今回はその理由について詳しくご説明したいと思います!

筋肉は各部位週に1回適切な負荷をかけてやれば十分に肥大していく!

筋力トレーニングをしている人の中で、男性も女性も週に3回から多い人で6日やっている人もいます。

しかしこれは何も同じ部位を鍛えているわけではなく、例えば週に3回やる人であれば、月曜日 胸、水曜日 脚、土曜日 背中 という風に、部位別に分割してやっているのです。

つまり、各部位は週に1回しかやっていません。

ではなぜ分割してやるのかというと、扱う重量が重くなってくると、1日ですべてをやるのが精神的にも肉体的にもしんどくなってくるので、分割した方が楽になりますので、毎回きちんと追い込めるといった理由です。

しかしこれはボディビルダーやフィジークなど大会にでるレベルの人の話で、一般レベルであれば1日で胸、脚、背中をやることも十分可能です。

1日でやるということはむちゃくちゃしんどいのかといわれると決してそうではありません。

もちろんとことん自分を追い込みたいというお客様のご要望があればいくらでも追い込まさせていただきますが、一般レベルのいい体、美しい体を手に入れるためであればそこまで追い込む必要は特にありません。

各部位適切な刺激を与えてあげればそれで充分ですので、胸2種目、脚2種目、背中2種目もやれば十分です。それに追加して、お客様が特に鍛えたい部位を鍛えてあげるといった感じです。

適切な刺激というのは、そこそこしんどいががんばればできる程度と思っていただければと思います。

一般レベルであればこれで十分です。

週に2回、3回とやりたいお客様におすすめしている方法

そうは言っても、週に1回は少ない気がするので、2回、3回とやりたいというお客様もいらっしゃいます。

もっと鍛えたいという気持ちの変化はとても良い傾向です。どんどんやってください。

もちろんfis.に来ていただくのが1番良いのですが、料金のこともありますので難しい場合は、自宅や公園などで自主練することをおすすめしています。

fis.で週に1回、自主練で週に1回~2回やれば週に2~3回鍛えられますので、自主練であれば時間も節約でき一石二鳥です。

自主練ができるようになれば、トレーニングを習慣化させやすいというメリットもあります。

ただ自主練では本格的なトレーニング器具ではなく、自重(自分の体重)を利用した腕立て伏せや腹筋、背筋、スクワットになると思いますので、筋肉にかかる刺激としては軽いものになります。

でもそれで十分です。

なぜなら週に1回fis.で重い負荷をかけているからです。

トレーニングはやればやるほどいいというものではありません。

筋肉に適切な刺激を与えた後はしっかりと休むことが大切です。休んでいる間に筋肉というのは成長するからです。

週に1回のfis.、それ以外にやりたい方は自主練を組み合わせれば、はっきりいって鬼に金棒です。

最初の16回でフォームを固めて継続コースでしっかりとトレーニングできるのが理想

週に1回fis.でトレーニングすれば十分とお話しましたが、それは正しいフォームが身についているという前提があります。

ウエイトトレーニングで効果を出すためには、正しいフォームというものが非常に重要です。

正しいフォームでやらなければ変なところに負担がかかってしまい、対象とする筋肉に効かないばかりか、ケガをしてしまう恐れもあるのです。

ですからfis.では、最初の16回コースでしっかりと正しいフォームを身に着けていただきます。

16回コースでもできれば週に2回を2か月間続けていただきたいと思っています。

時間のとれない方は週に1回でも良いのですが、あまり間が空いてしまうと前回やったフォームを忘れやすいので、最初は身体が覚えているうちに正しいフォームを身体に染み込ませる方が近道だと思います。

毎週 週に2回が時間的に厳しい場合は、週に2回と週に1回を組み合わせるのもよいと思います。

どうしても週に1回しか来れない場合は、自主練として自分でフォームを確認してみるとある程度リカバリーできると思います。

しっかりと正しいフォームがとれれば筋肉に効果的に効かせることができますので、週に1回でも全身を効果的に鍛えることが可能になります。

ボディビルダーみたいにバキバキになりたい方は週1回では厳しい

ここで1つだけご注意していただきたいことが、週に1回でも十分と申しましたのはあくまでも一般レベルの話で、ボディビルダーの方のようにバキバキになりたい方は、週に1回ではさすがに厳しいと思います。

と言いますのが、やはり常人離れするぐらい筋肉を肥大させるには、各部位をかなり追い込まなければなりません。

脚のトレーニングなんてそれこそ貧血で頭がクラクラして、普通に歩けなくなるほど追い込む必要があります。

1日で全身をこれほど追い込むことは現実的に不可能です。

だから週に3回、4回、5回と分割して行うのです。

ですので、常人離れした肉体を手に入れたい方は、最低でも週に3回程度は各部位にしっかりと負荷をかけて追い込む必要がありますので、週1回ではさすがに厳しいと思います。

fis.は一般の方を対象にしていますので、ボディビルダーになりたい方はあまり来られないかもしれませんが、念のため記載しておきたいと思います。

まずは無料体験!

1時間 無料体験予約

関連記事

フルスクワット

パーソナルトレーニングを受けるとスタイルはどのように変化してくるのか?

パーソナルトレーニングに興味のある人の多くが、ダイエットやボディメイクを希望していると思います。 よくTVCMや車内広告で見かけるビフォーアフタ …

fis.で教えているヒップアップ・美脚もできるスクワットのやり方

脚やお尻のトレーニング種目としてポピュラーなのがスクワットです。 キング・オブ・トレーニングとも呼ばれるスクワットですが、脚・お尻だけでなく …

fis.で教えているウエストを細く、肩こりを改善するラットプルダウンのやり方

ラットプルダウンというのは主に背中の筋肉を鍛えるトレーニング種目で、上にあるケーブルにバーをぶら下げ、それを引っ張ってくることによって背中 …

ボディビルディング・パワーリフティング・ウエイトリフティングの違い

大阪のパーソナルトレーニングジム fis.ではウエイトトレーニングを中心とした効果の高いトレーニングを提供しています。 ウエイトトレーニングとい …

ストレッチが売りのパーソナルトレーニングは何が違うの?

パーソナルトレーニングジムを調べていると、「パーソナルストレッチ」を売りにしているお店もあることに気づく方も多いと思います。 パーソナルスト …