早朝パーソナルトレーニングをする4つのメリット

トレーニングやジム通いというと、仕事が終わった後の夕方~夜にするもの…というイメージが強いのですが、最近は早朝トレーニングができるジムが増えています。

パーソナルトレーニングジムも、朝7時から開店しているところが意外と多く、出勤前の人々から人気を集めているようです。

「でも、起きたばかりの状態で筋トレをするのってどうなの?」と思われる方もいるかもしれませんが、実は早朝パーソナルトレーニングならではのメリットがいくつかありますので、ここでご紹介していきます。

① 遅くまで仕事をしている人でも通える!

早朝パーソナルトレーニングは、仕事が終わる時間が遅く、夜に通うのが難しい人には特に便利です。

そのような人のために、夜遅くまで営業しているパーソナルトレーニングジムもたくさんあるのですが、そもそも仕事でぐったり疲れた状態で「さあ、次は筋トレだ!」と自分を奮い立たせるのも大変ですよね。

また、仕事が終わった後に急な飲み会が入ったりすることもあるなど、多忙なビジネスマンは夜の予定を立てるのがなかなか難しいものです。

しかも、夜に予定を詰め込みすぎてしまうと、大切な家族と過ごす時間が奪われてしまうというデメリットもあります。

その点、早朝パーソナルトレーニングなら終業時間を気にせず予約を入れられますし、仕事が終わったら家でゆったり家族と過ごす時間も確保できます!

② 生活のリズムが整う!

世界の中でも睡眠時間が短すぎるといわれる日本人。実際、朝はギリギリまで寝ていて、朝食もそこそこに、あわてて準備をして会社に行く…という人が多いのではないでしょうか?

そこで、1日の始まりに早朝パーソナルトレーニングを行なうようにすると、自然と早寝早起きの習慣がつき、生活リズムが整う効果が期待できます。

また、夜仕事が終わって疲れた状態の時より、朝のほうが気力・体力ともに十分ですので、高いモチベーションでトレーニングできるのもメリットですね。

③ 夜よりも筋トレの効果が高い!

筋トレは、実は午前中にしたほうが効果的といわれています。それは、「テストステロン」という男性ホルモンの分泌が、夜明け前~午前中にもっとも多くなるからです。

テストステロンは脳からの命令によって、男性の場合はおもに精巣から分泌されます。

筋肉の増大や骨格の発達をうながすなど、男性らしい体つきを作るホルモンですので、テストステロンレベルが高い状態の時に筋トレを行なったほうが、より高い効果が期待できるのです。

このことを踏まえますと、夜にたっぷりと睡眠をとってテストステロンが十分に分泌されるようにし、テストステロンレベルが下がらない朝のうちに筋トレをする、というのが実は一番自然でいいサイクルといえるのかもしれません。

④ 仕事の能率がアップする!

出勤前に運動をしたら、シャッキリと体が目覚めて頭も働きやすくなった、という経験のある人は多いと思います。

実際、朝に軽い運動をするだけでも全身の血流が良くなり、仕事の能率が上がりやすいことがさまざまな研究でも明らかになっているのです。

それだけなら有酸素運動でもOKなのですが、さらに筋トレの場合、「テストステロンの分泌が増えることで、集中力が上がる」といううれしい効果も期待できます。

テストステロンは、上でもご説明したように午前中に多く分泌されるホルモンですが、同時に筋トレによっても分泌量が増えます。

そしてテストステロンには、筋肉の増大や骨格の発達といった身体的な作用のほかに、「集中力や意欲のアップ」という精神的な作用もあるため、その後の仕事の能率が上がる可能性が大なのです!

早朝パーソナルトレーニングを受けられるジムはどこ?

早朝パーソナルトレーニングに対応しているかどうかは、ジムによって異なります。

大手有名ジムでは、朝7時から営業しているところが多いようです。トレーニングを終えてシャワーを浴びてからそのまま出勤、というスタイルになりますね。

ただし、ジムによってはさらに早い時間でも対応してくれることもあります。

特に個人経営のジムや、少数のトレーナーで運営しているジムは時間の融通が比較的ききやすく、中には「希望があれば24時間OK!」というところもあるほどです。

「仕事は何時に終わるかわからないし、筋トレの効果も高いなら早朝パーソナルトレーニングを受けたいなあ」という方は、ぜひ営業時間にも注目してジムを選んでみてください。

まとめ

意外と知られていない、早朝パーソナルトレーニングのメリットを4つご紹介しました。

効果の高い筋トレができる上に、仕事の能率までアップするなど、早朝パーソナルトレーニングにはうれしい効果がたくさんあります。

ただし、寝起きの体はまだ筋肉や関節が固まっていますので、トレーニング前には十分なストレッチが必要です。

また、空腹のままトレーニングするのも良くないため、トレーナーのアドバイスにしたがって、バナナなどの吸収のいいものを摂取するようにしましょう。

シェアお願いします。画像

60分無料体験!

体験申し込み

LINEから無料体験を予約する

無料体験を希望される店舗を友だち追加して希望日時をご連絡ください。