fis.で行っている胸のトレーニング種目一覧

インクラインベンチプレス

こちらのページでは、fis.で行っている胸のトレーニング種目をご紹介しております。

fis.では女性ならバストアップやデコルテを美しくする、男性であればかっこいい胸板を作ることができるようなトレーニングを提供しております。

fis.では男性も女性も形の良い胸を作るためによく行っています。

※説明にはあえて専門用語を使用しておりませんが、胸の筋肉の上部=大胸筋上部、肩=三角筋、二の腕=上腕三頭筋を指しています。

※fis.ではたくさんあるトレーニング種目の中から、お客様の身体的特徴や運動レベル、ご要望に応じて最適な種目を選択し、正しいフォームで行うことにより身体作りを進めていきます。

スミスマシンインクラインベンチプレス

スミスマシンインクラインベンチプレス1

スミスマシンインクラインベンチプレス2

鍛えられる部位

胸の筋肉の上部、肩、二の腕

効果

バストアップ、かっこいい胸の形を作る

ポイント

ベンチを30度~40度立てて角度のあるベンチで行うことにより、胸の上部の筋肉に効きます。

肩を落として肩甲骨を背骨側に寄せながら胸を張ります。

この状態をキープしながらバーを鎖骨の下あたりで上下させます。

バーを下す際に胸をさらに張り、バーを胸で迎えに行くようなイメージで行うと胸の張りをキープしやすいです。

スミスマシンフラットベンチプレス

スミスマシンベンチプレス1

スミスマシンベンチプレス2

鍛えられる部位

胸の筋肉全体、肩、二の腕

効果

胸の筋量増加

ポイント

ベンチが床と水平のフラットベンチでのベンチプレスです。

スミスマシンで行うので軌道が決まっており、安定して行えます。

肩を落とす、肩甲骨を寄せる、胸をはる、バーベルを持つ前にこの3つの土台を作り、それからバーベルを胸のトップの位置を目がけて上下させます。

バーを下す際に胸でバーを迎えに行くイメージでしっかりと胸を張りましょう!

バーベルベンチプレス

バーベルベンチプレス1

バーベルベンチプレス2

鍛えられる部位

胸の筋肉全体、肩、二の腕

効果

胸の筋量増加

ポイント

フラットなベンチとフリーのバーベルで行う一般的なベンチプレスです。

胸の筋肉の中部と下部が刺激されやすいので、バストアップと反対方向の筋肉が鍛えられるのでfis.ではあまり行っていません。

ベンチプレスで100kg挙げたいなど目標がある場合は、こちらのベンチプレスを指導させていただいております。

ストップベンチ、パーシャルベンチなどさまざまなやり方があります。

バリエーション

ワイドグリップベンチプレス

手幅をかなりワイドに握ったベンチプレスです。

胸と肩がかなり引き延ばされますので違った刺激が与えられます。

ただし、肩を痛めやすいので無理のない範囲で行いましょう。

ナローグリップベンチプレス

手幅を狭めに握るナローグリップベンチプレスです。

二の腕と肩の前面を中心に鍛えられます。

脇を締めぎみにして胸の下の方に下ろしましょう。

ダンベルフライ

ダンベルフライ1

ダンベルフライ2

鍛えられる部位

胸の筋肉

効果

胸の筋量増加

ポイント

腕を大きく広げ胸の筋肉が引き延ばされるのを感じながら動作を行いましょう。

軽く肘を曲げた状態で動作し、トップの位置で胸の筋肉を絞り込むように行うとなお良いです。

ダンベルベンチプレス

ダンベルベンチプレス1

ダンベルベンチプレス2

鍛えられる部位

胸の筋肉、肩、二の腕

効果

胸の筋量増加

ポイント

バーベルのベンチプレスをダンベルで行います。

左右独立しているので腕の角度が自由になりますので、こちらの方が効かせられる方もいらっしゃいます。

プレートプッシュ

プレートプッシュ1

プレートプッシュ2

鍛えられる部位

胸の筋肉

効果

バストアップ、胸の筋量増加

ポイント

胸の前でプレートを思いっきり挟み込み、挟み込む力を込めたまま斜め上にプレートを差し出します。効かせる系の種目です。

ワンハンドケーブルクロスオーバー

ワンハンドケーブルクロスオーバー1

ワンハンドケーブルクロスオーバー2

鍛えられる部位

胸の筋肉

効果

胸の筋量増加

ポイント

胸の筋肉が十分に引き延ばされた位置からスタートし、ギューッと絞り込むようにケーブルを身体の前に引っ張り込みます。

ローケーブルクロスオーバー

ローケーブルクロスオーバー1

ローケーブルクロスオーバー2

鍛えられる部位

胸の筋肉の上部

効果

バストアップ、かっこい胸を作る

ポイント

腕の筋肉ではなく胸の上部の筋肉でケーブルを引っ張ってくるイメージで行いましょう!

シェアお願いします。画像

60分無料体験!

体験申し込み

LINEから無料体験を予約する

無料体験を希望される店舗を友だち追加して希望日時をご連絡ください。

関連記事

fis.で教えているウエストを細く、肩こりを改善するラットプルダウンのやり方

ラットプルダウンというのは主に背中の筋肉を鍛えるトレーニング種目で、上にあるケーブルにバーをぶら下げ、それを引っ張ってくることによって背中 …

くびれ

fis.で教えているウエストのくびれを作るために最適な腹筋種目5選!

大阪のパーソナルトレーニングジムfis.にはダイエット目的の女性のお客様に多くお越しいただきます。 ダイエット目的の女性のお客様のご要望で多いの …

パーソナルトレーニングを受ける4つのメリットと3つのデメリット

何事も「一長一短」といわれるように、メリットとデメリットがあるものです。 本気でトレーニングしたい人にはメリットのほうが多いパーソナルトレー …

ストレッチが売りのパーソナルトレーニングは何が違うの?

パーソナルトレーニングジムを調べていると、「パーソナルストレッチ」を売りにしているお店もあることに気づく方も多いと思います。 パーソナルスト …

フルスクワット

週1回のパーソナルトレーニングでも効果はあるの?fis.の根拠のある説明

大阪のパーソナルトレーニングジム fis.にはコースが色々ありますが、基本となるのは16回コースを受けていただき、その後、月4回の最も料金がお得に …