パーソナルトレーニングの効果を最大化する時間

投稿日:2017年9月7日 更新日:

大阪のパーソナルトレーニングジム fis.です。

fis.では基本のパーソナルトレーニングの時間を60分と定めておりますが、何もキリがいいからこの時間にしているのではなく、最もトレーニングの効果がでやすい時間設定を考えると60分がベストであるという理由からです。

今回は、パーソナルトレーニングの効果を最大化する時間についてお話したいと思います。

トレーニングは長くやればやるほどいいというものではない!

よく勘違いされるのが、長い時間をかけて一生懸命トレーニングをすればするほど効果が高いと思われていますが、これは明らかな間違いです。

マラソンなど長時間にわたる体力をつけたい方は長くやっていただいてもいいですが、ボディメイクやダイエット、姿勢改善など、筋力や筋量をつけたい場合には、時間を長くやるのはむしろ逆効果になります。

筋肉というのは、短時間でいかに筋肉に刺激を与えてあげるかが大切です。

マラソン選手と短距離の選手どちらが筋肉質ですか?

短距離の選手ですよね。これは短い時間に大きな刺激が加わるので、筋肉が強く大きくなるのです。

マラソンのように長時間にわたり小さな刺激を与えるような運動は、筋肉を強く大きくするという意味では不適格です。

筋肉をつけたい、スタイルを良くしたい、ダイエットをしたい、姿勢を改善したいなどの要望はつけるべき場所の筋肉を強く大きくする必要がありますので、1時間や2時間など長時間にわたるトレーニングは全く不要なのです。

逆にがんばりすぎて1時間を超えるほどやってしまうと、人間の体は筋肉を分解してエネルギーに変えようとする反応が起こってきますので、むしろ逆効果になってしまうのです。

そのため、ダラダラ長時間やるのではなく、30分~60分程度の短時間でしっかりと筋肉に刺激を与えてあげることが最も効果的なのです。

60分という時間をどう使うかが大切!

せっかく時間を作ってfis.にお越しくださっているわけですから、60分という時間をいかに質の高いものにするかが大切です。

しかし実際はウォーミングアップやトレーニング後のストレッチ、お客様との楽しい談笑などもありますので、実際にトレーニングしているのは40~50分前後になります。

この時間内に筋肉に適切な刺激を与える必要があります。

そのためには、あれやこれやと色々な種目をやる必要はありません。

メインとなる1種目を最大限の集中力をもって取り組むことが大切です。

お客様が本気でがんばるのはメイン種目だけでいいです、それ以外は補助種目ですからそこそこがんばればよいです。

メイン種目だけがんばればよければ、なんとなくできそうな気がしませんか?

回数的にも1セット5~10回程度です。これを2~3セットこなすだけです。

無理な重量は扱いません。適切な重量を扱いますので、絶対に達成可能です。

メイン種目はこちらで決める場合もありますが、お客様のご意見を最大限反映させます。

例えば、どうしても~の種目が嫌だというのであれば、他の種目で代用可能です。

嫌いなものに取り組むほど辛いものはありません。

また種目やセット数を絞ることで、無駄に疲れることを防ぐことができます。

筋肉をつけるためにへとへとになるまで追い込む必要は特にありません。要は、適切な刺激を与えれば筋肉は発達しますので、無駄に限界まで追い込む必要は全くないのです。

fis.ではお客様にとって最適な種目を選択しながら、できるだけ短時間で質の高いトレーニングを提供しています。

fis.で行っている短時間で筋肉にしっかりと刺激を与える工夫

よくパーソナルトレーニングジムで見かける光景が、トレーナーがお客様のバーベルを補助してあげて、「後何回!」と言いながら歯を食いしばりながら重りを挙げている光景です。

実はこれ、お客様の筋肉の発達という意味ではあまり好ましくありません。

ネガティブトレーニングといってたまに取り入れる分にはいいのですが、毎回補助ありきでトレーニングをしてしまうと、お客様の脳に全力を出す前に力を弱める癖がついてしまいますので良くありません。

ですのでfis.での補助は最小限にとどめます。

もちろんお客様に危険が起こりそうなケースや、フォームが崩れている場合はケガの恐れもありますのですぐに補助に入りセットを終えますが、力の限界がきているのに補助をして無理やり数回させるようなことはありません。

しんどいだけであまり意味がないからです。

力の限界がきたらサクッとやめる。これが賢く効率的な筋肉の付け方です。

また補助に頼らないので限界に来た際に力を出し切る良い癖がつきますので良いことづくめです。

このようにfis.では、短時間で最大限質の高いパーソナルトレーニングを提供しています。

60分無料体験!

fis.無料体験申し込み

関連記事

早朝パーソナルトレーニングをする4つのメリット

トレーニングやジム通いというと、仕事が終わった後の夕方~夜にするもの…というイメージが強いのですが、最近は早朝トレーニングができるジムが増え …

パーソナルトレーニングはきつい?限界まで追い込まれる?

パーソナルトレーニングに通おうか迷われている方の中には、「きついのではないのか。」「自分にできるだろうか。」と不安になる方もいらっしゃいま …

fis.lady's江坂

日本人女性がただ痩せるだけの時代は終わった!これからは鍛えて痩せろ!

世界の中でもスレンダーな体型で知られる日本人女性。しかし、なぜか「痩せ願望」も他国の女性に比べて強く、年中「痩せたい…」「ダイエットしなきゃ …

普通の筋トレとパーソナルトレーニングジムでの筋トレの違い

筋トレというと、腕立て伏せ・腹筋・背筋など、自重(自分の体重)で鍛えることがまず思いつきます。学校の体育の時間にやった方も多いと思います。 …

TRXプランク2

fis.で行っている体幹(姿勢改善)のトレーニング種目一覧

体幹(たいかん)は大切とよく言われるようになりましたが、体幹というのはいったいどこのことだかご存知でしょうか? 体幹というのは腹筋・背筋など …