普通の筋トレとパーソナルトレーニングジムでの筋トレの違い

投稿日:2017年9月9日 更新日:

筋トレというと、腕立て伏せ・腹筋・背筋など、自重(自分の体重)で鍛えることがまず思いつきます。学校の体育の時間にやった方も多いと思います。

少し器具がある方だと、自宅でダンベルを持ち上げたり、チューブトレーニングをしたりする方も多いですね。

少しお金をかける方であれば、一般のスポーツジムに通ってマシン使って筋トレをしたりします。

今回は普通の筋トレとパーソナルトレーニングジムの筋トレの違いというテーマですので、普通の筋トレ=自宅の筋トレ・スポーツジムの筋トレと定義し、パーソナルトレーニングジムの筋トレとどう違うのかお話したいと思います。

自宅の筋トレとパーソナルトレーニングジムの筋トレの違い

まず自宅の筋トレですが、自重とトレーニング器具ありのケースに分けられます。

自重のみの場合

自重トレーニングの場合、腕立て・腹筋・背筋・スクワットなど、自分の体重を重りとして身体の筋肉を鍛えていきます。

自重トレーニングもいいトレーニングではありますが、バーにぶら下がって懸垂(チンニング)を除いては、負荷が軽すぎます。

筋肉をつけるためにはある程度重い負荷をかける必要があるため、自分の体重で何十回もできる運動は、筋肉をつけるというよりも持久力(体力)をつけるという意味合いのトレーニングになります。

そのため、筋肉をつけるという意味ではあまり向いていません。

ただし、ウエイトトレーニングをする前の基礎体力作りとしてはとても良いと思います。 

自宅にトレーニング器具があるケース

自宅にダンベルやパワーラックなどがあれば負荷はかけられます。

それこそ自宅にスポーツジムがあるようなものです。

しかし教えてくれる人はだれもいませんから、基本的には独学でフォームを学んでいくことになります。

しかし筋トレといっても非常に奥が深く、普通の人は自分の体で色々なケガをしながら正しいフォームを身に着けていきます。

またどれだけ独学でやっても自分一人では結局正しいフォームがわからないままトレーニングを続けて、後々大きなケガに発展してしまうこともあるのです。

重さをかけるとその分リスクも上がりますので、独学はけっこう危険なのです。

その点、パーソナルトレーニングジムの筋トレであれば、トレーナーがつきっきりで見てくれますし、危険な動きをしていれば自分では気がつかなくても途中で補助に入ってくれたり、アドバイスをくれたりします。

ただし、トレーナー自身に正しい知識と実践力を兼ね備えている必要はあります。

スポーツジムとパーソナルトレーニングジムの筋トレの違い

月に1万円程度お金をかけられる人であれば、一般のスポーツジムに通って筋トレをするケースがあります。

たくさんのマシンがありますし、バーベルやダンベルなどのフリーウェイトもあります。

スタッフに聞けばやり方も教えてくれます。1番コスパに優れている気がします。

しかし一般のスポーツジムの1番の問題点が、きちんと教えられるトレーナーがいるとは限らないということです。

fis.オーナーはこれまでいくつもの大手スポーツジムに通っていたことがありますが、その中できちんと筋トレを教えられるスタッフというのは、1人か2人程度しかいませんでした。

しかも常にジムにいるとは限らず、他の色々な仕事をしながらたまにいる程度の頻度です。

これでは聞きたくてもなかなか聞けないですよね。

また見た目ではきちんと教えられるトレーナーかどうかもわからないので、運に左右されます。

一般のスポーツジムというのはほとんどがアルバイトで、きちんと社員で知識を持った人というのは、1人いれば良い方なのです。

置いてある器具は素晴らしいのですが、きちんとした使い方を教えられる人がいないというのが、一般のスポーツジムの欠点です。

一方パーソナルトレーニングジムは、スポーツジムのようにたくさんのマシンが置いてあるところは少なく、パワーラックとバーベルとダンベル、そのほか少しアクセサリーがあるくらいです。

しかし限られた設備の中で、しっかりとした使い方を教えられますので、その効果はとても高いものがあります。

正直、パワーラック1つあれば、全身鍛えられるといっても言い過ぎではありません。

トレーニング器具は道具です。道具は使いようと昔の人はよく言ったものですが、まさにその通りです。

どれだけ素晴らしい高価なトレーニング器具もきちんと使わなければ効果は半減します。しかしシンプルなトレーニング器具でも正しい使い方をすれば、その効果はとても高くなるのです。

パーソナルトレーニングジムでの筋トレはこのようなメリットがあります。

パーソナルトレーニングジムでの筋トレなら最短距離で効果をだせる!

fis.では完全マンツーマンで筋トレを指導します。

完全に一人のお客様に集中してフォームをチェックし正しいフォームを教えられますので、これ以上に効果がでやすい方法はありません。

お客様のご要望や骨格に応じて、正しいフォームというのは変わってきます。またトレーニングのレベルが上がってきてもまたフォームは変わってきます。

それらの変化を瞬時に見極め、その時その時で最も効果的な筋トレを提供できる。それがパーソナルトレーニングジムの筋トレの特徴です。

また独学での筋トレと違い、間違ったフォームは即修正、ケガしそうな場合も即補助して修正しますので、ケガが少なく筋肉を効率的に鍛えていくことができます。

パーソナルトレーニングジムは料金が高いです。

fis.はかなりリーズナブルな方ですが、それでも一般のスポーツジムの3倍以上はします。

しかし効果がなかなか感じられないスポーツジムで一人で筋トレを続けるよりも、確実に効果を積み上げられるパーソナルトレーニングジムの方が良いと思われないでしょうか?

私は思います。

最短距離で効果を出す、それがパーソナルトレーニングジムの最大のメリットです。

60分無料体験!

関連記事

バーベルカール2

fis.で行っている腕(力こぶ・二の腕)のトレーニング種目一覧

腕の筋肉には力こぶ(上腕二頭筋)と二の腕(上腕三頭筋)があります。   男性のお客様の場合、腕を太くしたいというご要望も多いので、どちらの筋肉 …

インクラインベンチプレス

fis.で行っている胸のトレーニング種目一覧

こちらのページでは、fis.で行っている胸のトレーニング種目をご紹介しております。 fis.では女性ならバストアップやデコルテを美しくする、男性であ …

TRXプランク2

fis.で行っている体幹(姿勢改善)のトレーニング種目一覧

体幹(たいかん)は大切とよく言われるようになりましたが、体幹というのはいったいどこのことだかご存知でしょうか? 体幹というのは腹筋・背筋など …

パーソナルトレーニングを受ける4つのメリットと3つのデメリット

何事も「一長一短」といわれるように、メリットとデメリットがあるものです。 本気でトレーニングしたい人にはメリットのほうが多いパーソナルトレー …

フルスクワット

週1回のパーソナルトレーニングでも効果はあるの?fis.の根拠のある説明

大阪のパーソナルトレーニングジム fis.にはコースが色々ありますが、基本となるのは16回コースを受けていただき、その後、月4回の最も料金がお得に …