大手パーソナルトレーニングジムとfis.の7つの違い

投稿日:2017年8月22日 更新日:

テレビCMやネット広告では、大手パーソナルトレーニングジムの広告がよく目につきます。

ものすごく多額の広告費を使って新規顧客を獲得し、2か月などの短期間で-10kgなどの成果を出すことで人気です。

当ジムfis.も同じパーソナルトレーニングジムですが、大阪の地域密着型のパーソナルトレーニングジムですので、規模も違えば考え方も全く違います。

こちらのページでは、大手パーソナルトレーニングジムと小さなパーソナルトレーニングジム fis.の7つの違いについてご紹介したいと思います。

1.新規入会者ではなく継続会員を重視!

大手パーソナルトレーニングジムのビジネスモデルは非常にシンプルなものです。

多額の広告費を使ってたくさんの「新規入会者」を集め、入会金+2か月の高額な料金により利益を上げます。

2か月で結果を出せばお客様は満足するわけですから、新規入会者をたくさん増やし、短期的な成果をあげていけば、どんどん利益があがりどんどん店舗を増やします。

最近ではリバウンド保証といって、コース終了後何回かは比較的安めの料金でパーソナルを受けることができますが、重視しているのはやはり新規入会者です。

対して、小さなパーソナルトレーニングジムであるfis.は「継続会員」を重視しています。

後述しますが、fis.の料金設定は関西では最低レベルに安く設定しています。

その理由は、”フィットネスは続けないと意味がないから”です。

2か月の短期間でお客様の望む成果を達成できたとしても、急激にあげた成果というのは急激にもとに戻ります。

人間の身体は急激な変化には対応できず、むしろ早く元の状態に戻そうという反応をするからです。これが俗にいう「リバウンド」です。

大手パーソナルトレーニングジムももちろんこれは承知の上です。

リバウンドすることはわかっていて、2か月という短期間で成果を出すのです。

理由は簡単です。”儲かるから”です。

継続コースって1回あたりの料金設定を安くする必要があります。安くしないと継続するお客様は少ないからです。企業側からするとあまり選んで欲しくない。

だから大手では継続会員の獲得にあまり力を入れないのです。より合理的に利益を上げようと思うと、これがベストな方法かもしれませんね。

しかしfis.は継続会員を重視します。

継続することが本当にお客様のためになるからです。

短期間で急激に身体を変えるのではなく、半年、1年、2年、できれば一生涯フィットネスを続けることで、身体は着実に確実に変化していきます。

週に1回でもです。

身体を変えるためには一般レベルでは毎日やる必要は全くありません。週に1回でも適切な負荷と適切なトレーニングメニューで行っていけばそれで充分なのです。

それがfis.の考え方です。

継続すること、それが1番お客様のためになります。

でも儲かりません(笑)

2.一流のアドバイザーによるfis.トレーナーの直接研修

大手パーソナルトレーニングジムのトレーナーの求人案内を見たことがありますでしょうか?

見てみると、”経験不問・資格不問・やる気があれば”というような文言を書いているところが多いです。

要は、誰でもやる気があればトレーナーになれますよ。ということです。

大手パーソナルトレーニングジムでは就職後、自社でさまざまな研修を受けます。

大きなホールや複数人同時に研修を受けますから非常に効率的で、未経験の人でも一定レベルまでは到達できる気はします。

でもfis.オーナーは「人間の身体ってそんな簡単なものじゃない。」と思います。

マニュアル化できるほど単純ではないし、人によってフォームもトレーニングメニューの作り方も全く違います。

やはり1番良い研修は、優秀なパーソナルトレーナーに直接指導を定期的に受けることです。

そして、自分でトレーニングを続けながら、トライ&エラーを繰り返し、だんだんと一流のトレーナーに成長していくのだと思います。

fis.には現役アスリートであるパワーリフターの優秀なアドバイザーがいます。

アドバイザー自身がパーソナルトレーニングジムを経営していたり、トレーナーを指導する立場の人なので、トレーニング指導、栄養学、解剖学、接客まで非常に幅広くなんでも教えていただけます。

fis.のトレーナーは全員が月に1回アドバイザーによる研修を受けています。

もちろん自身のトレーニングもやり続けています。

fis.には優秀なトレーナーが育つしくみがあります。

3.他社ジムの約半額のリーズナブルな料金!

以下はfis.の料金設定です。

回数 入会金 料金 単価
16回コース 30,000円 128,000円 @8,000円
8回コース 30,000円 72,000円 @9,000円
4回コース 30,000円 38,000円 @9,500円
継続コース(4回) 無料 30,000円 @7,500円

料金

fis.では16回コース、8回コース、4回コースとあり、16回コースを終了したお客様は継続コースをお選びいただけます。

そのため、ほとんどの方が16回コースで入会され、その後継続する方が多いです。

継続コースは月4回30,000円ですので1回あたりにすると@7500円で継続することができます。サービスの質は全く変わりません。

60分みっちり完全マンツーマンでパーソナルを受けてこの価格というのは、おそらく関西では最低レベルに安い方だと思います。(もっと安いところは他に何か理由がある場合が多いです。)

16回コースでも入会金30,000円はかかりますが、128,000円です。合わせても158,000円ですから、大手パーソナルトレーニングジムのほぼ半額の料金設定です。

fis.は新規入会者ではなく継続会員を重視しておりますので、お客様がご継続しやすいように、リーズナブルな料金設定にしております。

4.ギラギラよりもアットホームに!

大手パーソナルトレーニングジムって、黒を基調として、ゴールドで合ったり、赤で合ったり、けっこうギラギラしたイメージのところが多いです。

料金が高いのでVIP感を高めるために、HPや内装、外観なんかも高級感のあるイメージにしているのだと思います。

でもあれって、入りづらくありませんか?

fis.オーナーの独断と偏見ですが、トレーニングって継続して行うものですから日常生活に溶け込まなくてはなりません。

慣れの問題もありますが、ギラギラよりはアットホームな方がお客様も入りやすいと思うのです。

fis.オーナーの目指すところとしては、お客様に家に帰ってきたような安心感を与えるようなジムにしたいと考えています。

お客様の身体だけでなく心の居場所にもなれるような場所です。

定期的に通う場所って愛着が湧いてくるものです。

fis.はそんなパーソナルトレーニングジムを目指しています。

5.マニュアルが一切存在しない!

日本人は真面目ですから何かにつけてマニュアルを作りたがります。

こういう時にはこういう風に対処するという風に決めておいた方が安心感があるからでしょう。

大手パーソナルトレーニングジムには確実にマニュアルがあります。

全員がそのマニュアルに沿ってお客様にサービスを提供すれば、とても効率的に一定品質は確保できるからです。

でもfis.オーナーはこう思います。

人間ってそんなに簡単じゃないと…。

トレーニング方法もそうですし、接客方法もそうです。人によって全然違います。

マニュアルを作ってしまうとマニュアル通りにしかできなくなってきます。自分の考えで動けなくなってしまうんですね。これはマニュアルの弊害だと私は思っています。

fis.ではアドバイザーや先輩トレーナーによる実践に則した生きた研修を行います。

ですので店舗毎にお客様へのサービス方法は少しずつ異なります。

マニュアルがないわけですから、各店舗のトレーナーはお客様に最高のサービスを提供するために自分の頭で考えて行動するからです。

この方法ではどこの店舗でも同じサービスは提供できないかもしれません。でもそれはお客様への最高のサービスへとつながるものだと信じています。

fis.では各店舗のトレーナーの個性を尊重しながらお客様に最高のサービスを提供したいと考えています。

6.トレーナーの採用は資格や肩書ではなくどれだけお客様のためになるかが基準

大手パーソナルトレーニングジムでは、資格や肩書があると採用の有利になるケースが多いです。

何も資格や肩書がないよりはある方の方を採用するのはある意味当然かもしれません。

しかしfis.オーナーは資格や肩書は全く重視しません!

断言しますが、資格や肩書があったとしても、少しのアドバンテージにもなりません。全く関係ありません。

現に記念すべき1人目のトレーナーを正社員で雇用した際も、何も資格は持っておらずトレーナー経験も0の方でした。

もちろん他にもたくさんの応募はありました。

たくさん資格を持っている方、有名大学を出られている方、すでに他のパーソナルトレーニングジムで働いる方、大手スポーツジムで働いている方などです。

でも私は、無資格・未経験の方を採用しました。

それは人当たりが非常に良かったからです。話していてお人柄を感じるというか安心感を感じたからです。初対面でです。

私が初対面で感じたということは、お客様も同様に感じていただけるはずと思ったからです。

他にもいろいろと理由はあります。自分で本格的にトレーニングを継続していることや、スポーツ歴が長かったことも理由としてあります。

しかし1番は人柄でした。

逆に言うと、fis.には資格や肩書のあるトレーナーはあまりいません。取得することを推奨もしていません。

しかしお客様へ最高のサービスを提供するトレーナーがいます。これは自信があります。

7.トレーナーが全員トレーニング大好き人間

大手パーソナルトレーニングジムにはあまりトレーニングが好きではない人がトレーナーをやっていることもあると聞きます。

入社後にマニュアルに沿った研修がありますので、未経験でも素人であるお客様には教えられるレベルにもっていけるからだと思います。

fis.オーナーは昔大手スポーツジムで働いていた経験があります。

その時はジムエリアの担当になったので、同じく担当の先輩と一緒になりました。

この先輩は自分では全くトレーニングをしない人でした。

私はその先輩に「〇〇さんは普段トレーニングはするんですか?」と聞いてみたことがあります。

すると、「知識は全部ココに入っているから。」と頭を指でコンコンとしました。

私はあっけにとられ何も言うことができませんでした。と同時に、この人は絶対にトレーニングを人に教えてはダメな人だということも思いました。

私自身普段トレーニングをしていて、悩むこと、わからないこと、うまくいかないこと、これまで正しいと思っていたことが覆されることを何度も経験しています。

トレーニングというのはそんなに簡単なものではありません。

多くの知識と長年の積み重ねが必要なものなのです。

fis.のトレーナーは自身がトレーニング大好き人間しか採用しません。

好きこそものの上手なれではありませんが、トレーナー自身がトレーニングを追求し続けながらそれをお客様にお伝えすることが、自然と最高のサービスにつながると考えています。

60分無料体験!

LINEで無料体験予約する

メールはこちら

関連記事

大型フィットネスジムとパーソナルトレーニングジム fis.の6つの違い

パーソナルトレーニングジムは最近になって日本にも一般の方々に広がりつつあり、大手パーソナルジムが盛んにCMや広告を打つことでより認知度が高い …

ボディビルとフィジークの違い

昨今のフィットネスブームもあり、「フィジーク」という競技が日本でも盛り上がりを見せています。 「ボディビル」という競技は聞いたことがある方も …