パーソナルトレーニング中のケガは補償される?

投稿日:

めったにないことではありますが、パーソナルトレーニング中に不慮のケガをしてしまう可能性もないとは言い切れません。

筋トレの場合、特に肉離れやねんざ、ダンベルの落下によるケガなどが考えられます。

もちろん、質の高いトレーナーがしっかり見守る中で行なう限り、このような事態はまず起きませんが、万が一起きた場合に補償は受けられるのかどうかについてご説明します。

「スポーツ保険」の加入が義務づけられているジムは少ない

スポーツ中のケガに備えて加入できる保険に、「スポーツ保険」があります。

自分がケガをした時はもちろん、他人にケガを負わせてしまった場合にも補償を受けられる保険です。

スポーツ保険の加入が義務づけられていることが多いのは、おもにキックボクシングなどの格闘技系のジムです。

格闘技系のジムでは、自分はもちろん、練習相手にケガをさせてしまうリスクも高いだけに、多くの施設ではスポーツ保険の加入を義務づけています(年間2,000~3,000円程度)。

また、普通のスポーツジムやフィットネスクラブでも、万が一のケガに備えて保険の加入をすすめるところもあります。

ただし強制ではなく、月会費に500円か1,000円程度をプラスして、オプションとして加入するスタイルが一般的です。

ほかには、加圧トレーニングのスタジオでも保険の加入が義務化されていることがあります。

圧力のかけすぎや長時間のトレーニングによって、静脈血栓やしびれ、内出血などが起こることがあるからです。

一方、それ以外のパーソナルトレーニングジムで、個人にスポーツ保険の加入を義務づけているところは多くありません。

パーソナルトレーニングジムでは筋トレが中心ですので、他人にケガをさせてしまうリスクはありませんが、肉離れやねんざ、バーベルやダンベルなどの落下によるケガは起こり得ます。

しかし、格闘技系のジムに比べるとケガの確率は低いですし、トレーナーが常に付き添っていますので、比較的安全性が高いことが一因かもしれません。

パーソナルトレーニングジムの賠償責任はどうなっている?

それでも、もしパーソナルトレーニング中に不慮の事故が起きてケガを負った場合、どうなるのでしょうか?

ここでは、いくつかのパーソナルトレーニングジムがサイトに公開している会則の中から、トレーニング中の事故に関する部分をご紹介したいと思います。

 

Aジム 施設の利用中または施設の外でこうむった損害やケガその他の事故について、会社に故意または過失がない限り、会社は当該損害に対する一切の責任を負いません。
Bジム
  • 会員が当ジムの諸施設の利用中およびマンツーマントレーニングの指導を受けている際に、会員自身が受けたケガおよび損害に対して、いかなる理由があろうとも当ジムと施設スタッフは当該ケガおよび当該損害に対する責を負いません。それにともなう費用(治療費・慰謝料・損害賠償費用など)の支払いや、コース費用の返還には応じません。
  • 会員同士の間に生じた係争やトラブルについても、当ジムに故意または重大な過失がある場合を除き、当ジムは一切関与いたしません。
Cジム
  • 会員が本クラブの諸施設の利用中、会員自身が受けた損害に対して、本クラブに故意または重大な過失がある場合を除き、本クラブは当該損害に対する責を負いません。
  • 会員同士の間に生じた係争やトラブルについても、本クラブに故意または重大な過失がある場合を除き、本クラブは一切関与いたしません。

上記からもわかるように、多くのパーソナルトレーニングジムでは基本的に「施設内やトレーニング中のケガについての責任は負わない」ことを明記しています。

ただし、「ジム側に故意または重大な過失がある場合を除く」という条件が書かれていることが多いため、実際は施設やトレーナー側に明らかな落ち度があった場合は、損害賠償を請求できる可能性が高いと考えられます。

多くのスポーツジムは、こうした事態に備えて「賠償責任保険」に加入しています。

万が一、指導中の事故が起きた場合、その保険から治療費や慰謝料などが支払われるのです。

最近は、特定のジムに所属しないフリーランスのパーソナルトレーナーもたくさんいますが、彼らも万が一の指導中の事故に備えて、賠償責任保険に加入する人が増えています。

もし、明らかにジム側のミスによるケガなのに、何の補償も受けられないという場合は、ケガの状況がわかる写真や、病院の診断書、領収書などを保管した上で、消費生活センターに相談してみるといいでしょう。

それでも解決しない場合は、最終的に弁護士に相談が必要になることもあります。

まとめ

パーソナルトレーニング中のケガの補償についてご紹介しました。

ケガの可能性はゼロとは言い切れませんが、少なくともきちんとした指導力のあるトレーナーが在籍するパーソナルトレーニングジムでなら、大きな事故やケガが起こることはほとんどありません。

普通のフィットネスクラブの場合、自分の限界を超えた無理な重さでトレーニングした結果、腱鞘炎や肉離れを起こしたり、支えきれなかったバーベルが落ちて肋骨を折ったりする危険性は多少あります。

しかし、パーソナルトレーニングは一人ひとりにトレーナーが付いて、最適な負荷をかけながら安全に行なえるのが大きなメリットなのです。

いずれにしても、筋トレでケガをしやすいのは「無理をしすぎた時」です。

その限界を見極めるのがトレーナーの仕事ですが、経験が浅く指導力の低いトレーナーに不幸にもあたってしまうと、ケガのリスクは上がってしまいます。

その意味でも、やはりジム選びは慎重に行なう必要があります。また、トレーニング中は遠慮せず、きつすぎたらはっきりとトレーナーに伝えることも大切です!

くれぐれも無理しないよう、トレーナーと十分なコミュニケーションをとりながらトレーニングしましょう。

60分無料体験!

fis.無料体験申し込み

関連記事

fis.で叶えられるお客様の理想の身体

パーソナルトレーニングジム fis.では、ウエイトトレーニングを中心とした質の高いトレーニング指導を行っています。 また栄養指導や太りにくい食事 …

メールアドバイス

fis.で行っているお客様へのサポート・アドバイスの実例

大阪のパーソナルトレーニングジムfis.では、お客様のご相談やご質問には適宜わかりやすく親身な回答を心がけています。 ジムにご来店いただいた際に …

服部緑地

fis.大阪江坂店にはなぜだか江坂地域より豊中市・緑地公園周辺にお住まいのお客様が多い

fis.は大阪北部の吹田市にあるパーソナルトレーニングジムです。 吹田市といっても広い市なので、その中でも南西部に位置する「江坂」という地域にな …

fis.大阪江坂店

fis.にぜひ来ていただきたいお客様像

大阪のパーソナルトレーニングジム fis.ですが、fis.に来てくださるお客様はさまざまなご要望や悩みをお持ちです。 パーソナルトレーニングジムと聞 …

本当に返金される?パーソナルトレーニングジムの「全額返金保証制度」の落とし穴

パーソナルトレーニングジムの中には、「全額返金保証制度」があることを大々的にうたっているところもあります。 全額返金保証とは、決められた期間 …