パーソナルトレーニングで夏までに痩せたい人が注意すべきこと

投稿日:

水着

体型がもっとも気になる季節といえば、夏ですよね。

薄着になるため、どうしても体のラインが目立ってしまいますし、海やプールで水着になる機会も多くなります。

引き締まった体で夏を迎えるためには、もちろんパーソナルトレーニングがおすすめです。大阪のパーソナルトレーニングジムfis.でも、次の夏に向けたシェイプアップをとことんサポートいたします!

ただし気をつけていただきたいのは、「夏が近づいてから食事制限や運動に励んでも、間に合わない可能性がある」ということです。

ただ痩せるだけでよいのなら1日りんご1個とかにすれば1か月で-5kg以上落とせると思いますが、不健康ですし、筋肉が大きく減りますので、スタイルが悪くなります。

では、どうしたらパーソナルトレーニングで夏までに確実にシェイプアップできるのか、その大切なコツをご紹介していきます。

夏に向けて、早めにダイエット計画を立てる!

悩む・困る

夏までに確実に痩せるためには、まず「早めに計画を立てる」ことが大切です。

何事もそうですが、タイムリミットが迫ってからようやく「やばい!」と焦り、本気モードになる方が多いと思います。

ダイエットも同じで、年中「痩せなくちゃ」と心のどこかで思いつつも、ついつい先延ばしにしてしまう方は多いのではないでしょうか?

その結果、夏を目前にして「一ヶ月でマイナス5kg痩せる!」というような無理な計画を立ててしまい、体調を崩してしまう方もいます。

夏は夏バテ等で身体の免疫力が低下していることもあるため、そこに厳しい食事制限を追加すれば体調を崩してしまいます。

もしくは成功したとしても、無理のあるダイエットは長く続かないため、夏が終わったら大幅にリバウンドしてしまう方も多いのです。

毎年夏の時期にダイエットし、秋、冬にかけてリバウンドしてそれを毎年繰り返していませんか?

若い内はそれで大丈夫かもしれませんが、年齢を重ねて20代後半になると同じやり方ではなかなか痩せなくなってきます。

そうならないためにも、夏を一つのゴールとして早めに計画を立てて、体に無理をかけないよう少しずつダイエットを実践していく必要があります。

夏本番の6月、7月、8月に理想のプロポーションでいるためには、遅くとも3月ぐらいからダイエットを始めるのがおすすめです。

この場合、3月・4月・5月を「減量期」として、その後の夏は「維持期」としてとらえるのが、もっとも安全で確実な減量法になります。

もちろん、3月より前に開始しても早すぎることはありません。特に、目標体重を大きくオーバーしている方は、なるべく早めにスタートしたいところです。

目安として5kg以上体重を落としたい方は、2~3か月かけてトレーニングと食事管理を併用すれば、筋肉がついて脂肪が落ちた引き締まった身体が手に入ります。

体のためにも、くれぐれも夏が近づいてから無理なダイエットに走らないように気をつけてください。

目標体重に向けたカロリー計算をする!

カロリー計算

目標体重を実現するためには、カロリーコントロールが必要不可欠です。

最近は、カロリー計算のいらないダイエット方法(糖質制限など)が流行っていますが、大阪のパーソナルトレーニングジムfis.では、ある程度のカロリー計算は必要と考えています。

人体のしくみからいっても、単純に「消費カロリー>摂取カロリー」を守れば、自動的に体重は落ちていくからです。

アスリートのように緻密な計算まではしなくても大丈夫ですが、目標に向けておおよその計算はしておいたほうが、毎日の食事に気をつけることができます。

そのためにまず知っておきたいのが、自分の「基礎代謝量」です。

基礎代謝とは、何もしなくても生きているだけで消費するエネルギーのことで、一般的に成人男性は1日あたり1,500kcal、成人女性は1,200kcalとされています。

これは性別、年齢、身長、体重によって変わるため一度計算してみると良いでしょう。

計算シミュレーター:BMR・基礎代謝・メンテナンスカロリーの計算

ただし、1日中何もせずじっと過ごす方は少ないので、実際はもう少しカロリーを消費しています。特に年齢が若ければ若いほど、また運動量が多ければ多いほど、消費カロリーは多くなります。

次に覚えておきたいのが、「脂肪を1kg減らすためには、マイナス7,200kcalが必要」ということです。

これを基準に、1日あたり何kcal減らせばどれくらい痩せられるのかを考え、夏までの計画を立てていきます。

たとえば5kg減量したい場合、単純に計算すると「7,200kcal×5=36,000kcal」の消費が必要です。これを3ヶ月(90日)で割ると、1日あたり400kcalマイナスになればいい、ということになります。

一般的な運動量の成人女性を例に挙げますと、1日あたりの消費カロリーは「基礎代謝(1,200kcal)+日常の運動(300kcal)=1,500kcal」です。

そこで、食事からの摂取カロリーを1,100kcalに抑えれば、400kcalマイナスとなり、これを3ヶ月続けていくと理論上は5kgの減量に成功できることになります。

ただし、消費カロリーには個人差がありますので、たとえば体を使う仕事をしている方が無理に摂取カロリーを抑えるのは危険です。

大阪のパーソナルトレーニングジムfis.では、それぞれのライフスタイルに合った摂取カロリーの目安をお伝えしています。

参考:筋肉を残して脂肪だけを減らすためのカロリー計算方法

筋トレで基礎代謝を上げる!

スクワット

「消費カロリー > 摂取カロリー」にするためには、もちろん食事管理は必須です。

しかし、摂取カロリーを減らすだけのダイエットでは、どうしてもお腹が空いてしまうため、つらくて続けられない人も多いと思います。

そこでおすすめなのが、パーソナルトレーニングジムで筋トレを行なうことです!

筋肉をつけると基礎代謝量が増えるため、同じカロリーをとっても太りにくくなります。

実際どれぐらい基礎代謝が上がるのかについては、さまざまな研究データがありますが、「筋肉が1kg増えると、1日あたり50kcal多く消費されるようになる」ともいわれています。

また筋トレした後は身体の代謝が上がっている状態ですので、筋トレでの消費カロリーだけでなく、その後も代謝のよい状態が続きカロリーを消費してくれるのです。

夏までに痩せたい方は、ぜひ筋トレを行ない、できるだけ無理のない食事制限で済むようにしましょう!

まとめ

夏までに痩せたい方へのアドバイスをご紹介しました。

一時的に食べる量を思いきり減らせば、確かに体重は落ちるかもしれません。しかし、それでは均整のとれたプロポーションにはなれませんし、ダイエットをやめた後にリバウンドしやすくなります。

無理なく健康的に痩せるためにも、できるだけ余裕をもってダイエットを開始して、筋肉量を増やしつつ、食事からの摂取カロリーに気をつけることが一番です。

その際、パーソナルトレーニングジムを利用すれば、プロのトレーナーが一緒に目標を立て、その人に最適な食事やトレーニングのメニューを考えてくれますので、一人でがんばるより成功率は格段にアップします。

今年こそ理想的なスタイルで夏を迎えたい方は、ぜひ早めに大阪のパーソナルトレーニングジムfis.にお問い合わせください!

60分無料体験!

関連記事

太っている

パーソナルトレーナーとトレーニングするだけでは絶対痩せない理由

大阪のパーソナルトレーニングジムfis.には、男女問わずダイエット目的のお客様が多くいらっしゃいます。 詳しくお話をお聞きしてみると、ほとんどの …

悩む・困る

パーソナルトレーニングで痩せないことはある?

パーソナルトレーニングジムに通うと、多くの人は体重を落とすことができます。 しかし、中には「パーソナルトレーニングジムに通ったけれど、思うよ …

太い、ガリガリ

太ることと痩せることのメリット・デメリット

太っているのと痩せているのとでは、どちらがいいかと尋ねられれば、多くの人が「もちろん痩せているほうがいいに決まっている!」と答えると思いま …

女性のダイエットはパーソナルトレーニングがおすすめ!

いつの時代も、女性にとって体型の悩みは尽きないものです。 その時流行のダイエットを試してみては、長続きせずやめてしまう…という人も多いと思い …

ダイエット=有酸素運動は間違い!ウエイトトレーニングと食事管理が正解!

日本人がダイエットと聞くと、有酸素運動が効果的だと思い込んでいる方が非常に多いです。 これは一般的に広まっていますが間違った知識で、有酸素運 …