大阪できれいにダイエットしたいならパーソナルトレーニングジム fis.

fis.大阪江坂店

パーソナルトレーニングジムに通いたいと思う人で多いのが、「体重を落としたい!」という理由です。

つまり、ダイエットですね。

社会人になると運動不足になる方が多く、年を重ねると基礎代謝(何もしなくても消費するカロリーのこと)を低くなってきていますので、同じような食事をしていれば太って当然です。

また女性で多いのが、ダイエットをして太って、ダイエットをして太ってを繰り返している方です。

こういった方はダイエットをしなくなると、結局太った状態で落ち着いてしまう方が多いように思います。

このようなことは、ダイエットの根本を理解していないことや、正しいダイエットの方法を知らない知識不足からくるものです。

fis.のダイエットについての考え方をお話したいと思います。

短期間での急激な体重減少は必ずリバウンドします。

大手パーソナルトレーニングジムのよくあるうたい文句ですが、”2か月で-10kg減!”といったキャッチコピーです。非常にインパクトがありますね。

このキャッチコピーを見た人の中には、-10kgなら学生時代や10年前と同じだなと思う方も多いのではないでしょうか?

それなら一度昔の体を取り戻してみよう!と大枚をはたく気持ちもわかります。

断言しますが、2か月で-10kgって落としすぎです。

こんなに急激な体重の変化に身体は対応できませんので、必ずリバウンドします。

また急激な減量をすると同時に筋肉もかなり落ちていますので、リバウンドした際には以前よりも筋肉量が減って脂肪が増えているという結果になる可能性もあります。

急激な体重の変化と言うのは、一見インパクトはありますが、身体に負担をかけるものですのでリバウンドのリスクがつきまといます。

またこれだけ体重を落とすためには、厳しい食事制限もする必要があります。

厳しい食事制限って一生続けられますか?私は無理です。おいしいもの、甘いものたくさん食べたいです。

1週間~2週間細い状態をキープできればそれでよいならこのやり方でもOKですが、多くの方ができれば細い状態をキープしていきたいのではないでしょうか?

ただ体重を落とすだけのダイエットなら自分でやった方が安上がりでよいです。

ダイエットにおいて食事制限は大切です。

食事制限といっても炭水化物を完全に抜いたり、夜は食べないなど極端なものではありません。

一生涯続けられるようなゆるやかな食事制限です。世の中おいしいものがたくさんありますので、食べないなんて生活の質を下げますのでおすすめしません。ストレスがたまるだけです。

また極端な食事制限をしたいなら、パーソナルトレーニングジムに通う価値ってあまりなく、自分で食事制限だけしておけばいいです。食べなければ体重は必ず落ちます。

大枚をはたいて教えてもらうものでもない気がします。

ただ確実に筋肉が落ちますのでこの方法ではきれいに痩せることはできません。

日本人女性に多い、ただ細い、ただ体重が軽い、でもスタイルは悪いといったとても悲しい結果になってしまいます。

きれいにやせるダイエットではウエイトトレーニングが必須!

日本人の多くは、ダイエット=食事制限です。またはジョギング+食事制限です。

欧米人の多くは、ダイエット=ウエイトトレーニング+食事制限です。

これは教育の方法によるところが大きいのですが、日本人のみなさんは学校でウエイトトレーニングを教えてもらった記憶はありますか?

私はありません。自重での腕立て、腹筋、背筋、スクワット程度は教えてもらった記憶はありますが、本格的にダンベルやバーベルを使った記憶はありません。

欧米ではウエイトリフティングなどのウエイトトレーニングの授業があります。

中には小学生でウエイトリフティングを教えているところもあります。スポーツ系ではなくごく一般の学校です。

対して日本ではどうでしょうか?

マラソン大会に短距離走、とにかく走れ!ではなかったでしょうか?

走ることはカロリーを消費するから体重を落とすためにいいという理屈です。

これは半分正しくて半分正しくないです。

ジョギングやランニングでは筋肉量は増えません。カロリーは消費しますので脂肪は落ちます。

しかし筋肉量は増えないので身体の基礎代謝は変わっていません。

つまり、生涯毎日走り続けてカロリーを消費し続けるなら良いですが、走らなければすぐに太ります。

また走るとお腹が空きます。走るためにエネルギーが必要だからです。

身体はエネルギーを蓄えようとして、脂肪をつけます。

走る⇒カロリーを消費する⇒食べる⇒脂肪をつける

といった一連のループを繰り返しているだけになります。

もちろんマラソン選手のように何十kmも毎日走り込むのであれば脂肪なんかつく暇もありません。

しかし一般の方は走っても30分~1時間程度ですよね。

これでは結局太りやすい体になるだけです。

対してウエイトトレーニングです。

ウエイトトレーニングはご存知の通り筋肉量を増やします。

筋肉量が増えると基礎代謝が増えます。つまり痩せやすい体になります。

またウエイトトレーニングをやった後というのは体中の細胞が活性化して、普通に生活しているだけでも消費カロリーが増えている状態になっています。

ウエイトトレーニング⇒食べる⇒筋肉がつく(消費カロリーが増える)

このようにいい循環が生まれます。

もちろんウエイトトレーニングをしながら暴飲暴食をすればものすごく太ることができますが、ダイエットをしたい場合は、タンパク質、炭水化物、脂質のバランスに気をつけて食事制限をする必要があります。

しかし極端な食事制限はトレーニングができなくなるので、きちっと食べて週に1~2回程度しっかりとウエイトトレーニングをしていれば、自然ときれいな身体になってきます。

気付いた時にはお腹が割れていたというのが最もいい形ですね。

しかしこれには時間がかかります。

効果が感じられるまでに3か月~1年程度はかかるでしょう。

でも、リバウンドのリスクは限りなく低くなります。

人間の体は極端な変化には適応できませんが、ゆっくりとした変化にはうまく適応できるようになっています。

fis.では短期間での急激なダイエットは提供していません。

それは一時的な満足だけですぐにもとに戻ってしまいます。

それは本当にお客様のためにはなりません。

お客様が一生涯続けられるようなダイエットを提供するのがfis.の使命だと思っています。

fis.がきれいにダイエットするためにやっていること

きれいにダイエットするということの定義は、”しっかりとつくべきところに筋肉がつき、女性は女性らしいしなやかな身体、男性は男性らしい筋肉質な身体”としています。

要は、人間の本来あるべき肉体をつくるといったイメージです。

女性の体に筋肉がつくと、男性にはだせないものすごく美しいラインがでます。

特に、脚と背中を鍛えてあげると、脚全体が引き締まってきてお尻が上がります。背中を鍛えてあげると姿勢がよくなり肩甲骨がしまり、ウエイトがくびれてきます。

胸周りを鍛えてあげると、バストアップやデコルテがすごくきれいにでてくるようになります。

女性は運動習慣がない方が多いので、男性よりも鍛えた際の変化は大きいような気がします。

男性の場合も同様ですが、女性よりも筋肉がつきやすいので、見た目に筋肉が大きくなります。

fis.のダイエットでは女性も男性もまずは筋肉をつけるということを大切にしています。

現状筋肉がない体に筋肉をつけないと何も始まりません。

次に食事制限です。

身体作りというのは、トレーニング+食事+睡眠で成り立っています。

それぞれがバランスよく高い水準に維持されることにより、より体のレベルも高まってきます。

食事制限については、3食しっかり食べていただきます。

ただし、食べるものを少しだけ選んでいただいたり、食べる順番を変えていただいたりします。甘いものもOKです。食べても太らないタイミングをお教えしています。

睡眠については個人の生活スタイルによってさまざまですが、トレーニングをする方はできれば7時間程度は寝ることを推奨しています。

シェアお願いします。画像

60分無料体験!

体験申し込み

LINEから無料体験を予約する

無料体験を希望される店舗を友だち追加して希望日時をご連絡ください。