女性に人気のホットヨガだけでは痩せない3つの理由

投稿日:

ホットヨガ

大阪のパーソナルトレーニングジムfis.ですが、江坂店の近くには駅近に大手、中小含めホットヨガスタジオが4店舗ほどあります。

fis.にいらっしゃるお客様の中でもホットヨガスタジオに通われていたことがある、もしくは通っている方も多いのですが、トレーナーがよく言われることが、

「ホットヨガに通ったけど痩せなかった。」

といったものです。

知識のあるトレーナーであれば、逆にヨガでなぜ痩せるの?と直感的に疑問がわくと思いますが、今回は”ホットヨガだけでダイエットはできない3つの理由”についてお話したいと思います。

1.汗をかく=脂肪燃焼しているわけではない

汗をかく

よく一般の方が勘違いされていらっしゃいますのが、汗をかく=脂肪燃焼効果が高まると思い込んでいるということです。

先に断言しておきますと、汗をかくことと脂肪が燃焼することは身体のメカニズム上全く関係ないことですので、汗をかくことで脂肪が燃焼することはありませんし、脂肪燃焼効果が高まることもありません!

人間が汗をかくのは、体温を下げるためです。汗をかいた肌に風があたるとひんやりして逆に寒くなったりしますよね。これが汗の役割です。

ですので汗をかいたところで脂肪燃焼効果は高まりません。

おそらくボクサーが減量するためにサウナスーツを来てランニングをしたり、シャドーボクシングをしたりしているイメージが強いので、汗をかくことは脂肪燃焼効果を高めると誤った認識が広がってしまったのかもしれません。

ボクサーが汗をかくためにサウナスーツを着るのは、試合前に「水抜き」といって体重を極限まで落とすために汗をかいて身体の水分量を減らす目的で行っているもので、体脂肪を燃やすために着ているのではありません。

ホットヨガの話に戻りますと、ホットヨガでは室内を高温多湿にしてヨガを行うわけですが、汗をかくことで脂肪が燃焼された気にはなりますが、普通のヨガと脂肪燃焼効果はそれほど変わらないのです。

ホットヨガ1時間で消費するカロリー量

ホットヨガスタジオは約1時間のプログラムとなっておりますが、だいたい約300kcal前後のカロリー消費があると言われています。

しかしこの約300kcalという数字を鵜呑みにするのは適切ではなく、ホットヨガといっても上級、中級、初級クラスと分かれており、ポーズの難易度や行う内容によって消費カロリーは大きく変わりますので、多くの方が通われている初級クラスではもっとカロリー消費は低いと考えておいた方がよいでしょう。

お茶碗1杯150gで250kcal程度ですから、ホットヨガを1時間みっちり行ったとしても、大したカロリー消費にはならないということがわかります。

ホットヨガでは脂肪燃焼効果もカロリー消費量も低いということが、ホットヨガでは痩せない1つ目の理由です。

2.ホットヨガはただの暑いところで行うストレッチ運動

ホットヨガ

ホットヨガはそもそも普通のヨガを高温多湿の室内で行うものであり、”ヨガ”というとなんだかすごいもののように聞こえますが、やっていることはただのストレッチ運動です。

もちろんヨガは呼吸法や精神世界のお話まで入ってくるので突き詰めればすごく深い世界なのだとは思いますが、一般の方がそこまで追求するかというとそうではない方が多いと思います。

暑い室内では身体の筋肉や関節などが柔らかくなりますので、ストレッチもしやすいです。

でもストレッチだけでは普通痩せないですよね。

ストレッチした後に筋肉を使うようなトレーニングをするから筋肉をつけながら痩せていくわけです。

ホットヨガはただのストレッチ運動!これがホットヨガでは痩せない2つ目の理由です。

3.筋肉はあまりつかないので太りにくい体質にはならない

結論から申し上げますと、ホットヨガで太りにくい身体にはなりません。

なぜなら筋肉をつけているわけではないからです。

太りにくい身体というのは筋肉の割合が多く脂肪が少ない身体のことを言います。

筋肉の割合が多い身体は代謝量が多くカロリーを消費しやすいという特徴があります。

ウエイトトレーニングで筋肉量は増えますが、ホットヨガでは筋肉量は増えません。

ホットヨガで筋肉はつかない!これがホットヨガでは痩せない3つ目の理由です。

ホットヨガに対しての正しい認識

今回はホットヨガでは痩せない3つの理由についてお話してきましたが、何も私はホットヨガを否定しているわけではありません。

どのようなエクササイズにもメリットデメリットがあり、自分の目的に合わせて選ぶ必要があることをお話させていただいただけです。

以下に、ホットヨガに対しての正しい認識についてお話させていただきます。

ホットヨガはダイエットを目的にするものではない

パーソナルトレーナーとしては、ホットヨガはそもそもダイエットしたくて行うものではないと思います。

その理由は前述した通りで、ヨガという運動自体ダイエットに直結するようなエクササイズではないからです。

ただ汗をかきながらリラックスしてストレッチをすることは、ストレス解消にはとても良いと思います。

身体の柔軟性向上や基礎体力向上にはとても良い

もう1つ、ホットヨガは身体の柔軟性向上にはとても良いと思います。

普通のヨガと違い高温多湿の室内で行いますので、筋肉や関節が柔らかくなり身体が固い方でも柔軟性が向上しやすいと思います。

また本格的なトレーニングを行う基礎体力がない方にもおすすめできます。

基礎体力というのは、自分の体重でスクワットを10回できない方はヨガから始めるのも良いかもしれません。

ヨガではさまざまなポーズをとりますが、基本的にはゆっくりとした動作で行いますのでケガのリスクも少ないですし、初級レベルであれば身体の負担も軽いのでおすすめです。

食事管理をきちんとすればホットヨガでも痩せることは可能

ではホットヨガでな絶対痩せないのか?というと、食事管理も併行して行えば痩せることはできます。

これはパーソナルトレーニングでも同様で、どのようなエクササイズでもなんでもたくさん食べていれば筋肉と同時に脂肪もついてしまい、身体が大きくなってしまいます。

ですのでホットヨガでも高たんぱく、低脂質な食事を心がければ、きれいに痩せていくことは可能です。

まとめ

最近女性に人気のホットヨガですが、どのようなエクササイズでもメリットデメリットがありますので、皆さんのご要望に合わせたエクササイズを選んで理想の身体に近づいていただければ幸いです。

60分無料体験!

fis.無料体験申し込み

関連記事

太っている

パーソナルトレーナーとトレーニングするだけでは絶対痩せない理由

大阪のパーソナルトレーニングジムfis.には、男女問わずダイエット目的のお客様が多くいらっしゃいます。 詳しくお話をお聞きしてみると、ほとんどの …

ダイエットのためにランニングするとより太りやすい体になる理由

ダイエットしようと思い立った時、日本人の多くはランニングやジョギングをしようとするのではないでしょうか? 欧米人の人がダイエットしようとする …

コンビニ

コンビニで買える筋肉作り・ダイエットに最適な食材【fis.調べランキング】

大阪のパーソナルトレーニングジムfis.ですが、お客様からよく聞かれるのが、「コンビニだったらどんなものを買ったら良いですか?」というご質問で …

ダイエット=有酸素運動は間違い!ウエイトトレーニングと食事管理が正解!

日本人がダイエットと聞くと、有酸素運動が効果的だと思い込んでいる方が非常に多いです。 これは一般的に広まっていますが間違った知識で、有酸素運 …

水着

パーソナルトレーニングで夏までに痩せたい人が注意すべきこと

体型がもっとも気になる季節といえば、夏ですよね。 薄着になるため、どうしても体のラインが目立ってしまいますし、海やプールで水着になる機会も多 …