筋肉を残して脂肪だけを減らすためのカロリー計算方法

投稿日:2018年1月15日 更新日:

カロリー計算

大阪のパーソナルトレーニングジムでは脂肪を減らすLF(ローファット)ダイエットを採用しております。

LFダイエットは筋肉をつけながら脂肪を落とすことができるダイエット法で、長期的に続けやすく炭水化物を摂るのでトレーニングが楽しいというメリットがあります。

よく聞く炭水化物制限ダイエットは、脂肪も落ちますが筋肉も落ち、かつ短期的な成果だけですぐにリバウンドしてしまうので、fis.ではお勧めしていません。

fis.で行っているLFダイエットは食事でとるカロリーを制限するダイエット法になります。

そこにはカロリー計算をする必要がありますが、毎食いちいちカロリー計算をして食べるなんてめんどくさいことはやっていられないので、お客様にもカロリー計算をしていただいておりません。

ただ、お客様の身体は1日あたりどれぐらいのカロリーを消費していて、どれぐらいのカロリーを摂れば痩せるのか、太るのかということを知っていただくため、目安としてカロリー計算をすることはあります。

今回は、無理なダイエットをするのではなく、筋肉をつけながら脂肪を落とせる1番良い痩せ方をするためのカロリー計算の方法をお伝えしたいと思います。

まずはkcal(カロリー)の種類を覚えましょう!

カロリー計算

カロリー計算を知るために必要な知識として、下記の用語を覚えましょう!

基礎代謝(BMR)

1日寝ていても消費するカロリーのことです。呼吸や歩くなど生命活動に最低限必要なカロリーです。

消費カロリー

人間は学校に行ったり仕事をしたり歩いたり活動しますね。その活動によって消費されるカロリーです。運動する人は消費カロリーが多く、しない人は少なくなります。

1日の消費カロリーは、基礎代謝を含む運動強度の増減によって決まります。

詳しくは後ほどシミュレーションで解説します。

摂取カロリー

ご飯を食べたり飲み物を飲んだりして摂取するカロリーのことです。

ケーキ1つ約400kcal前後です。このカロリーが摂取カロリーになります。

脂肪1kg落とすためには約7200kcal必要!

お腹の脂肪

痩せるための知識として、脂肪1kgを落とすためには約7200kcalが必要ということを覚えておきましょう。

7200kcalは1日で消費する必要はなく、例えば30日(1か月)で体重を1kg落としたければ、7200÷30で1日あたり-240kcal減らす必要があります。

何から減らすのかというと、1日の消費カロリーから-240kcal減らすということです。

ですので無理のないダイエットを考える場合は、1日の消費カロリーを求める必要があります。

消費カロリーは、性別、年齢、身長、体重などによって人によって異なり、難しい計算をしなければなりませんので、便利なシミュレーションを使うことをお勧めいたします。

ちなみにシミュレーションの種類によっても少し数値は異なりますが、カロリー計算自体目安程度のものですので、あまり気にする必要はありません。

消費カロリーシミュレーションから制限するカロリーを求めてみよう!

計算

今回使用するシミュレーションはこちらです。

BMR・基礎代謝・メンテナンスカロリーの計算。

シンプルで使いやすく説明もわかりやすいのでおすすめです。

こちらにご自分の数値を入れていくことで1日の消費カロリーを求めることができます。

簡単ですね。

試しに、性別:男性、30歳、身長170cm、体重70kgの人の1日の消費カロリーを求めたいと思います。

BMR(基礎代謝)が1671kcalとでました。

次にその下の計算式で、運動量レベルはほとんど何もしない1.2に設定すると、2005kcalとでます。

この人は、1日あたり2005kcalの消費カロリーであることがわかりました。

例えば、この人が現状の70kgから5kg痩せて65kgになりたいとします。

脂肪1kg落とすためには7200kcal必要ですから、5kg痩せるためには×7200kcalで36000kcal必要ということです。

どれぐらいのペースで5kg落とすのかで1日あたり減らさなければならないカロリーは変わります。

例えば30日で5kg落としたい場合、36000÷30で1日あたり1200kcal減らす必要があります。

60日で落とす場合は、同様の計算で1日あたり600kcal、90日で落とす場合は1日あたり400kcal減らせばよい計算になります。

1日あたり300kcal前後であれば無理がないダイエットと言われていますので、1番数字が近い90日で5kg痩せるとして、1日の消費カロリーが2005kcalですから、2005-400で1日あたり1605kcalの摂取カロリーに抑えれば、90日で5kg痩せることができるという計算になります。

これはあくまでも計算で、個人差によりあまり計算通りいかないこともあります。

特にダイエットを始めたばかりでいきなり1日あたり1605kcalにすると、最初の1か月で3kgぐらい痩せることも十分にあります。

要は、カロリー計算はあまりあてになりません。

カロリー計算なんてしょせん目安にもならない!

体重計fis.はパーソナルトレーニングジムなので、一応カロリー計算の方法をお伝えしてみましたが、fカロリー計算は目安程度と言われますが、fis.は目安にもならないと考えております。

というのが、毎食いちいちカロリーがいくらなんて計算しますか?めんどくさくてできたものではありません。

fis.にはお仕事をされているお忙しいお客様も多いので、カロリー計算なんかでストレスをためるのもよくないと思います。

fis.ではまずは脂質の量、そして炭水化物の量を適正な量に改善していただき、筋肉をしっかりとつけるためにタンパク質も適量とっていただきます。

体重計の数値はあくまでも目安でしかなく、fisは体重計の数値よりも見た目が変わってきて、お客様がイキイキとしてくるような食事管理が1番良いと考えておりますので、見た目や体重の増減など様子を見ながら食事を調整していくアドバイスをさせていただいております。

詳しくはこちら

できるだけストレスが少なく、お客様自身で長期的に管理できる食事管理法をお教えしています。

カロリー計算は健康的にダイエットするための1つの手段でしかなく、1番良いのは計算ではなく自分の身体のスタイルを普段から気にかけ、太ってきたなと思ったら食事や運動で調整できることが1番良いと思っています。

この飽食の時代、ダイエットは一生続けるものです。

ぜひfis.で一生かっこいい身体を維持する方法を習得していただきたいと思います。

60分無料体験!

fis.無料体験申し込み

関連記事

水着

パーソナルトレーニングで夏までに痩せたい人が注意すべきこと

体型がもっとも気になる季節といえば、夏ですよね。 薄着になるため、どうしても体のラインが目立ってしまいますし、海やプールで水着になる機会も多 …

fis.のパーソナルトレーニングでダイエットすると得られる効果

パーソナルトレーニングジムに通う人の中で多いご要望が”ダイエットしたい”というものです。 ダイエットというとご飯を減らしてランニン …

糖質制限

fis.がお伝えしたい糖質制限ダイエットの健康上の危険性

ここ数年、「糖質制限ダイエット」が人気を集めています。 糖尿病の治療で有名なお医者さんが確立したダイエット法ということもあり、多くの方から支 …

間違ったダイエットは糖尿病のリスクが高まる?

世の中、常に新しいダイエット法が紹介されては流行し、いつのまにかまた廃れていきますが、ここ数年根強く支持されているダイエット法があります。 …

食事制限

パーソナルトレーニングジム=糖質制限ではない!fis.の健康的なダイエット法

大阪のパーソナルトレーニングジムfis.ですが、初回60分のカウンセリング&トレーニング体験を無料で行っておりますが、カウンセリングの際にお客様 …