パーソナルトレーナーとしてとっておいても良い資格一覧

投稿日:

全国的にパーソナルトレーニングジムが増えてきたことで、指導者であるパーソナルトレーナーの需要も年々高まっています。

「どうやったらパーソナルトレーナーになれるのか?」についてですが、実はパーソナルトレーナーには国家資格や免許のようなものはありません。

極端にいえば、誰でも今日からパーソナルトレーナーを名乗れるのです。

とはいえ、実際に勤めるためには、体やトレーニングに関する十分な知識と、それを教える実践的な技術が必要とされます。

そうしたスキルを身につけるための手段として、パーソナルトレーナーの民間資格を取得するのも一つの方法です。

ここでは、パーソナルトレーナーとして取っておいても良い資格をいくつかご紹介していきます。

パーソナルトレーナーの民間資格一覧

日本で取得できる、パーソナルトレーナーの民間資格をいくつかまとめてみました。

資格 認定団体

資格の種類

合格率
NSCA-CPT NACAジャパン(日本ストレングス&コンディショニング協会)   約65%
NESTA-PFT NESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会)   50~60%
NESTA-Weight Management Specialist NESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会)

 
JATI-ATI JATI(日本トレーニング指導者協会)
  • トレーニング指導者(JATI-ATI)
  • 上級トレーニング指導者(JATI-AATI)
  • 特別上級トレーニング指導者(JATI-SATI)
約68%
IBMA認定 パーソナルトレーナー IBMA(国際ボディメンテナンス協会)
  • 3級BASIC
  • 2級ADVANCE
  • 1級MASTER
非公表
JHCA JHCA(日本ホリスティックコンディショニング協会)
  • FC(フィジカルコンディショナー)
  • HC(ホリスティックコンディショナー)
  • HCAD(上級ホリスティックコンディショナー)
非公表
CSCS NACAジャパン
(日本ストレングス&コンディショニング協会)
  約50%
公認アスレティックトレーナー 日本体育協会
  • フィットネストレーナー
  • アスレティックトレーナー
  • スポーツプログラマー ほか多数
10%以下

上記のほかにも、いくつかの団体が独自の資格を認定しています。

それぞれ必要とされる知識や技術が異なりますので、自分のレベルや目標に合ったものを選ぶことが大切です。

その中でも、受験するための条件があまり厳しくなく、初めての方にもおすすめできる資格を3つピックアップしてご紹介していきます。

NSCA-CPT

※画像は公式サイトキャプチャを引用

NSCA-CPT(NSCA認定パーソナルトレーナー)は、アメリカに本部のあるNSCAの日本支部(NSCAジャパン)が認定する資格です。

パーソナルトレーナーの資格として、もっとも人気があるものの一つで、2017年7月時点での国内の有資格者は約3,600名と発表されています。

試験の内容

全155問の筆記試験です。

受験資格

18歳以上で高校卒業以上(または高等学校卒業程度試験に合格済み)であり、NSCAジャパンの会員になっている人が受験できます。

さらに、有効なCPRおよびAEDの認定を保持していること(講習に実技が含まれていること)も条件となっています。

検定料

45,200円です。

試験日程

年に2~4回行なわれます(地域による)。

NESTA-PFT

※画像は公式サイトキャプチャを引用

NETTA-PFT(パーソナルフィットネストレーナー)は、アメリカに本部を置くNESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会)の認定資格です。

パーソナルトレーナーにとっては、NSCA-CPTと並んで有名な資格ですが、実績によって受験の仕方が異なる点が特徴です。また、試験が毎月行なわれているため、チャレンジしやすい資格でもあります。

試験の内容

全125問の筆記試験です。

受験資格

18歳以上で、高校卒業以上(または高等学校卒業程度試験に合格済み)の人、もしくはNESTAが認定する教育カリキュラムを修了している人が受験できます。

さらに、NESTAジャパン(あるいは医学映像教育センター)にてテキストを購入済みであること、CPR・AEDの定期的なトレーニングを積んでいることも条件となっています(できれば資格認定を受けていることが望ましい)。

受験の手順

実務経験の有無や学歴などによって、受験までの道のりが異なります。

パーソナルトレーナー・インストラクターなどの実務経験が1年以上ある人、または体育系や医療系の大学・専門学校を卒業している人は、直接試験を受けられる「ダイレクトコース」を選択可能です。

そうでない人は、NESTA主催の養成講座・コースを受講する必要があります(ゼミコースまたはWEBコース)。

検定料

ダイレクトコースは72,500円、ゼミコースは16時間で120,500円(32時間の場合は168,500円)、WEBコースは107,500円です。

試験日程

毎月1回の頻度で行なわれています。

JATI-ATI

※画像は公式サイトキャプチャを引用

JATI-ATIは、日本トレーニング指導者協会の認定資格です。「上級」や「特別上級」などのランクがあり、順を追ってスキルアップできる点が特徴となっています。

NSCA-CPTまたはNESTA-PFTと合わせて取得するパーソナルトレーナーが多いです。

試験の内容

JATI-ATIは、筆記試験のみです。一般科目と専門科目を合わせて計180問を解きます。

上級・特別上級では、実技試験もあります。

受験資格

JATIの会員であることのほかに、学歴に関する条件が少し厳しく定められています。

4年制大学・短大・専門学校・職業能力開発短期大学校・防衛大学校などを卒業した人は、そのまま受験できますが、高校卒業の人は3年以上の運動指導に従事していることが条件となっています(奨学生に認定された場合を除く)。

また上級以上は、JATI-ATIの取得後でないと受験できません。

受験の手順

JATI-ATIの試験を受けるためには、原則として「トレーニング指導者養成講習会」を4日間受講した上で、決められた期日までに自己学習課題(ワークノート)を提出しなければいけません。

ただし、「NSCA-CPT」や「日本体育協会公認のスポーツプログラマー」などの特定の資格を取得している人や、全国の養成機関(大学や専門学校)で所定の科目を履修した人は、養成講習会の参加を免除されます。

試験日程

年に1~2回行なわれます(地域による)。

検定料

筆記試験のみの場合は10,800円ですが、養成講習会を受講する場合は、別途105,000円がかかります。

まとめ

パーソナルトレーナーとして、取得しておいて損はない資格をご紹介しました。

パーソナルトレーナーになるために絶対に資格が必要というわけではありませんが、ジムによっては特定の資格取得を義務付けている場合もあります。

また、どの認定試験もある程度しっかり勉強しないと合格できませんので、体系的に知識を身につけられるいい機会にもなるはずです。

特に、これからパーソナルトレーナーを目指す方や、よりスキルアップしたい方、体育系の学校で学んでいない方などは、挑戦してみる価値があると思います。

60分無料体験!

LINEで無料体験予約する

メールはこちら

関連記事

見た目が筋肉質・マッチョなパーソナルトレーナーを安易に信用してはだめ!

※上の画像は実際にボディビルで活躍されている選手なので、ご迷惑がかからないようにあえてひよこちゃんで隠しております。 パーソナルトレーニング …

ラットプルダウン

オーナーが考えるパーソナルトレーナーに必要な資質

パーソナルトレーニングジム fis.オーナーはお金を出すだけではなく、トレーナーの研修や面接、そして密なコミュニケーションをとりながらfis.を他 …

fis.ではなぜトレーナーを正社員でしか雇用しないのか?

パーソナルトレーニングジム fis.のトレーナーは全員が正社員です。 契約社員や派遣社員、アルバイトなんかではなく、fis.の運営会社で直接雇用した …

fis.のパーソナルトレーナーとして働く6つのメリットと1つのデメリット

物事にもどんなものでも必ずメリットとデメリットがあります。いいところもあれば悪いところもあるということです。 メリットばかりでデメリットが全 …

女性トレーナーからパーソナルトレーニングを受ける5つのメリット

パーソナルトレーナーというと、筋肉ムキムキの男性のイメージがあるかもしれませんが、最近は女性トレーナーもだいぶ増えてきました。 中には、女性 …