fis.ではなぜトレーナーを正社員でしか雇用しないのか?

fis.正社員

パーソナルトレーニングジム fis.のトレーナーは全員が正社員です。

契約社員や派遣社員、アルバイトなんかではなく、fis.の運営会社で直接雇用した正社員のみで構成しています。

これにはトレーナー業界の闇やオーナーの考え方によるものがあります。

なぜfis.ではトレーナーを正社員でしか雇用しないのか?

今回はこのあたりをご説明させていただきたいと思います。

トレーナーを使い捨てにする業界の風潮を変えたいから

現在、パーソナルトレーニングジムが急激に増えています。

大手パーソナルトレーニングジムのCMがきっかけとなり、パーソナルトレーニングジムの需要が急速に高まったからです。

そのため、そこで働くパーソナルトレーナーの需要も同時に高まり、どこのパーソナルトレーニングジムも積極的に採用を行っています。

しかしパーソナルトレーナーの雇用形態は正社員はほとんどなく、契約社員やアルバイトであるケースが多くなっています。

大手パーソナルトレーニングジムの募集要項を調べてみると、以下のようになっていました。

時給9〇〇円+インセンティブ

あえて詳細は伏せますが、時給900円です。アルバイトです。能力のないものはとても安月給で働かされます。

アルバイトなので会社の都合でいつでもすぐに切ることができます。会社側からするとこんなに都合の良い労働力はありません。

しかしトレーナー側からするとどうでしょうか?

こんな仕事一生続けられませんので、数年だけ研修などを受けられるので勉強期間だと割り切って就職する方が多いようです。

大手はネームバリューがあるので、退職後、別のパーソナルトレーニングジムで働いたり、お金を貯めて自分のパーソナルトレーニングジムを独立開業したりします。

いわば、トレーナーを”使い捨て”にする構造が出来上がっているということです。

パーソナルトレーナーの将来は独立開業だけではありません。独立開業にはさまざまなリスクも伴いますし失敗することもあります。

企業は社員に責任を持つべきだと思いますので、fis.ではすぐにやめる前提でのトレーナー採用はしません。

5年、10年、できれば一生涯働いていただけるようなジムにしたいと考えております。

逆に、独立開業の勉強のためという方は採用していません。企業で働きたいトレーナーのみ採用しております。

トレーナーの質を確保したいから

前述したようにすぐに辞めることを前提とした雇用というのは、トレーナーが流動的になりがちです。

2,3年経ったら辞めてどんどん人が入れ替わるということです。これではトレーナーの質を高めていくことはできません。

トレーナー歴2,3年なんてまだまだトレーナーとして駆け出しのひよっこです。

もちろんどんどんトレーナーとして転職をして色々な現場を経験し、トレーナーとしてのスキルを向上させていくという考え方もあります。

しかしパーソナルトレーナーのスキルを高められる勉強会やセミナーはたくさんあります。

同じ職場で働き続けていたとしても、スキルを高める方法はいくらでもあります。

またfis.はオーナーとトレーナーの距離がどこのジムより近いので、トレーナーが何か新しいことにチャレンジしたいというのであれば、できるだけトレーナーの意思を尊重したジムに変えたいと考えております。

いわば、fis.ならトレーナーとしてのスキルをいかようにも向上させていくことができるのです。

ですので、いくつものパーソナルトレーニングジムを経験してみるよりも、1つのところでいろいろと新しいことにチャレンジして突き詰めていく方が、私はトレーナーのスキルは向上するものと考えています。

コロコロ変えたがる人が多いようですが、本当に能力のある人は1つのことを徹底的に突き詰めた人です。fis.ではそんなトレーナーをたくさん抱えたいと思っています。

質の高いトレーナーを確保するためには、すでに能力のある人を採用するのではなく、自社で1から成長したトレーナーの方が100倍いいと思っています。むしろ変な垢やクセがついていなくてよいです。

トレーナーに長く働いていただきたい、だからfis.では待遇、福利厚生のしっかりとした正社員で雇用するのです。

トレーナーに安心して働いて欲しいから

みなさん今何か仕事を探していて、雇用形態が契約社員やアルバイトだったらどうでしょうか?安心して働けるでしょうか?

私なら全然安心して働けないと思います。

契約社員というのは、通常1年間の有期雇用です。1年経ったら契約を更新するかしないかは企業側の考え1つです。

業績が悪くなったから切ろうとか、何か他の理由で切ることはいつでもできます。

よく「積極的に正社員登用しています。」と書かれている場合もありますが、あんなの嘘八百だと思ってください。

一部本当に有能な人のみしているかもしれません。しかし何の確約もありません。ほとんどの契約社員やアルバイトがそのままの待遇で何年も働かされます。

本当にこれでよいのでしょうか?

トレーナーが安心して働いていないジムでパーソナルトレーニングを受けたいでしょうか?

トレーナーに安心して働いてもらいたいので、fis.では全員正社員で雇用します。

トレーナーに仕事は楽しいものだと思ってほしいから

みなさんが仕事に求めるものってなんでしょうか?

お給料?やりがい?勤務時間?いろいろありますね。

おそらく仕事が楽しいと感じるためにはどれか1つ欠けてもだめで、すべての条件が高水準で維持されることではじめて、仕事が楽しいと思えるものだと思います。

どれだけ勤務時間が短くても給料が安ければだめでしょうし、お給料が良くても1日中働いているのでも満足度は下がります。お給料が良くてもやりがいがなければ楽しいと思えません。

fis.ではこれらのことを高水準で実現したいため、お給料面、待遇面、勤務時間、がんばりが評価されるインセンティブなど、他社ジムよりも高水準に設定しています。

社員が仕事が楽しいと思って働いているパーソナルトレーニングジムはとても雰囲気が良くなります。もちろんお客様への接客も良くなります。祖いてオーナーも嬉しく思います。

ただ運営会社は儲かりませんが、そこは一旦置いときましょう(笑)

fis.ではこのような良いサイクルを生むため、トレーナーは必ず正社員で雇用します。

おまけ:オーナーが就職で苦労した経験があるから

fis.を開業する際、トレーナーの雇用形態については本当に悩みました。

ご存知の通り正社員というのは最も人件費がかかります。かついつでも会社の都合で切ることができません。これは企業側にとってのリスクとなります。

契約社員やアルバイトはその点ではものすごく安く使えます。都合が悪ければすぐに切ることができます。企業側にとってはとても便利です。

しかしfis.ではそのようなことは絶対にしたくありません。それはオーナーの苦い経験があるからです。

fis.オーナーは学校を卒業後、数か月~1年程度で職を転々とした時期があります。

運が悪かったのか選ぶオーナーの頭が悪かったのかわかりませんが、正社員として採用されたのに雇用契約書には契約社員と書かれてあったり、募集要項と現実が全く違うブラック企業であったりと、企業側に騙された苦い経験があります。

オーナー自身も20代前半の頃でしたので、汚い世の中に打ちのめされ絶望したものです。

そこからなんとか這い上がりfis.のオーナーになれるまでにはなれましたが、私は20代の若い方に私と同じような経験をしてほしくはないのです。

こんなことは本当の世の中の姿ではないと信じたいのです。

だからしっかりと正社員として採用し、できるだけがんばりを評価したいのです。

仕事って辛くて苦しいものでも、騙されるのが大人の社会なんてことは私は受け入れるつもりもありませんし、受け入れたくもありません。

人間はもっと楽しく仕事をしていいはずです。

オーナーはfis.でそのような仕事を実現したいと考えています。

シェアお願いします。画像

60分無料体験!

体験申し込み

LINEから無料体験を予約する

無料体験を希望される店舗を友だち追加して希望日時をご連絡ください。

関連記事

腹筋

パーソナルトレーナーの将来性。フィットネス業界はどうなる?

大阪でパーソナルトレーニングジムを展開するfis.代表の雪本(@yukimoto0321)です。 これからパーソナルトレーナーを目指してみようという方の中に …

悩む・困る

パーソナルトレーナーが合わない場合の対処法

パーソナルトレーニングでは、トレーナーとの相性が非常に重要です。 自分一人で行なう筋トレと違い、パーソナルトレーニングはトレーナーとの二人三 …

フルスクワット

オーナーが考えるfis.のトレーナーに必要な3つの能力

fis.は完全個室型パーソナルトレーニングジムです。 一般のスポーツジムやフィットネスクラブと違い、お客様とトレーナーが1対1の完全マンツーマンで …

パーソナルトレーナーは稼げない?業界のリアルな話

これからパーソナルトレーナーを目指す方にとって、「どれぐらい稼げるのか」は非常に気になるところだと思います。 インターネットで調べてみると「 …

見た目が筋肉質・マッチョなパーソナルトレーナーを安易に信用してはだめ!

※上の画像は実際にボディビルで活躍されている選手なので、ご迷惑がかからないようにあえてひよこちゃんで隠しております。 パーソナルトレーニング …