パーソナルトレーナーは稼げない?業界のリアルな話

投稿日:

これからパーソナルトレーナーを目指す方にとって、「どれぐらい稼げるのか」は非常に気になるところだと思います。

インターネットで調べてみると「パーソナルトレーナーは稼げない」という情報もあったりしますが、実際はそんなことはありません。

ただし、パーソナルトレーナーは「何もしなくても年功序列で自動的に給与がアップする仕事ではない」ことは確かです。

特にフリーランスのパーソナルトレーナーになると、知識や技術はもちろんのこと、集客力やマネジメント能力なども必要になるため、稼げる人と稼げない人に二極化されます。

ここでは、パーソナルトレーナーの給与のしくみや、一番稼げる働き方など、業界のリアルな話をお伝えしていきたいと思います!

正社員パーソナルトレーナーの給与は、インセンティブに左右される!

まずは、どこかのジムの正社員として働く場合ですが、パーソナルトレーナーの給与は以下のどちらかのシステムになっていることが多いです。

  • 基本給のみ
  • 基本給+インセンティブ(報酬金)

基本給のみのジムの場合、初任給は手取りで月18万~25万が相場だと思います。

ただしある程度の年数勤めて、新人教育やマネジメントまで任せられるようになると、月給30万以上もらえることが多いでしょう。

一方、「基本給+インセンティブ(報酬金)」のジムでは、基本給が15万円程度で、あとはがんばりしだいで収入がアップする、というシステムのところが多くみられます。

インセンティブは、おもにコースの成約数に応じて付くことが多いです。

ただし、基本給の額やインセンティブのパーセンテージなどはジムによってかなり差があるため、入念にリサーチする必要があります。

もしジムの正社員としてしっかり稼ぎたいなら、「基本給+インセンティブ」のところに勤めた上で、いかにインセンティブを増やせるかが勝負になります。

常に知識や技術をみがいて、人気トレーナーの仲間入りをすれば、かなり安定した収入を得ることも夢ではありません。

逆にいえば、それができないと安い基本給しかもらえない、ということでもあります。

フリー・自営のパーソナルトレーナーの給与は格差が大きい!

正社員ではなく、フリーのパーソナルトレーナーとして働く場合は、さらに収入の格差が大きくなります。

実際、年収が1,000万円を超えるトレーナーもいれば、月収20万円以下のトレーナーもいるのが現状です。

その差を決定づけるのは、おもに「セッション料金」になります。

自分で店舗を構えず、どこかのジムや施設を使わせてもらう場合、1回のセッション料金のおよそ30%を施設利用料として支払うため、残り70%近くがパーソナルトレーナーの収入となります。

体が1つしかない以上、1日のセッション回数には限りがありますから、たくさん稼ぐためにはセッション料金を高く設定するしかありません。

つまり、「セッション料金が高くても通いたいと思われるパーソナルトレーナー」になる必要があり、そのための努力やスキルが求められる、ということです。

中には、60分のセッションで10,000円を超える料金を設定するパーソナルトレーナーもいます。そうすると、30%の施設利用料を払っても1時間7,000円の収入になるため、かなりの高利益です。

また、自分で店舗を構えるわけではないので、必要経費もほとんどかかりません。

一方、自分で店舗を構える場合は、テナント料や設備代などの費用がかかってきます。

そのコストを最小限に抑えるため、最近ではマンションやビルの一室を使った、小規模な「マイクロジム」を開くトレーナーが増えています。

それでも、ある程度の初期費用とランニングコストはかかりますから、やはり「セッション料金をいくらに設定するか」が重要です。

パーソナルトレーナーがもっとも稼げる働き方とは?

以上をまとめますと、パーソナルトレーナーがもっとも稼げる道は「フリーで人気になること」に尽きます。

正社員は基本給がある分、最低限の生活は保証されますが、インセンティブにも上限がありますので、稼げる金額には限りがあります。

また自分でジムを開くのも、設備資金やランニングコストがかかるためハイリスクです。

一方、コストのかからないフリーのパーソナルトレーナーは、ある程度のセッション料金さえ確保できれば、かなりの高利益ビジネスとなります。

そのためには、パーソナルトレーナーとして十分な知識や指導力を身につけるのはもちろんのこと、集客力や経営スキル、セルフブランディング力などが必要です。

インターネットを使った宣伝活動だけではなく、必要に応じて広告費をかけてアピールすることも考えなくてはいけませんし、同業他社と差別化できるポイントを明確にし、ターゲットを絞り込むことも必要になってきます。

そうして新規顧客をどんどん開拓し、そのお客さんたちに継続して通ってもらえるようになれば、フリーのパーソナルトレーナーでも普通の会社員以上に稼げる可能性は十分にあるのです。

まとめ

パーソナルトレーナーの収入に関するリアルな話をお伝えしました。

どの職場であれ、パーソナルトレーナーとしてある程度稼ぐためには、かなりの努力やスキルが求められることがお分かりいただけたのではないかと思います。

とはいえ、フリーのパーソナルトレーナーは基本的に高利益ですから、努力しだいでは十分に稼げるのも事実です。

しかし、スキルやノウハウをろくに身につけないまま安易に独り立ちしても、稼げない人がほとんど、というのもまた事実だったりします(だからこそ、「パーソナルトレーナーは稼げない」といううわさが広まっているのかもしれません)。

確かに、パーソナルトレーナーは国家資格も不要ですし、スポーツや筋トレが好きならすぐにでも始められそうな仕事に見えるかもしれませんが、そう甘い仕事ではないのです。

人体のしくみを含めた、幅広いスポーツ科学の知識を身につけた上で、実際のトレーニング指導スキルをみがき続ける必要があります。

さらに、どんなお客さんにも対応できるコミュニケーション力や、顧客を得るためのビジネススキルも必須です。

このような知識や経験を十分に積むためにも、まずは研修制度のしっかりしたジムに所属して、パーソナルトレーナーとしての基本を身につけることをおすすめします。

独立を考えるのは、その後でも決して遅くはありません!

60分無料体験!

LINEで無料体験予約する

メールはこちら

関連記事

fis.オーナーが考えるパーソナルトレーナーの独立・開業について

パーソナルトレーナーとして独立・開業するというのは、誰しもが抱く夢かもしれません。 一国一城の主ではないですが、自分の意見が100%反映された …

スクワット

パーソナルトレーナーになる5つの方法

世の中には、どうしたらなれるのかよくわからない職業がいくつかありますが、もしかしたらパーソナルトレーナーもその一つと思われているかもしれま …

カウンセリング

fis.のトレーナーが初回無料カウンセリング&体験で大切にしていること

fis.では初回のカウンセリングや体験を完全無料で行っております。 10分や20分ではなく、60分を基本にしてカウンセリングでお客様のご要望やお悩みな …

チャラ男

パーソナルトレーナーはチャラい?どんな人がなる職業?

「パーソナルトレーナー」と聞くと、「筋肉ムキムキの体育系」もしくは「茶髪でちょっとチャラいタイプ」というイメージを持つ人が意外と多いようで …

女性トレーナーからパーソナルトレーニングを受ける5つのメリット

パーソナルトレーナーというと、筋肉ムキムキの男性のイメージがあるかもしれませんが、最近は女性トレーナーもだいぶ増えてきました。 中には、女性 …