オーナーが考えるfis.のトレーナーに必要な3つの能力

フルスクワット

fis.は完全個室型パーソナルトレーニングジムです。

一般のスポーツジムやフィットネスクラブと違い、お客様とトレーナーが1対1の完全マンツーマンでトレーニングを教えます。

そのため、一般のトレーナーとは異なる能力が高い次元で要求されます。

こちらのページでは、fis.オーナーが考える、fis.のトレーナーに必要な3つの能力についてお話したいと思います。

1.コミュニケーション能力

fis.のトレーナーに最も必要な能力は「コミュニケーション能力」です。

もちろんトレーニングに関する知識、技能も大切ですが、パーソナルトレーナーの場合お客様に1対1でサービスを提供しますので、最も大切なものがコミュニケーション能力になります。

一口にコミュニケーション能力といっても、下記の3つの能力に分けられます。

洞察力

洞察力とは目には見えないものを直感的に見抜いて判断する能力のことをいいます。

例えばお客様とお話をしていて、体重を減らしたいというご要望をお持ちの方は多いです。

単純に体重を減らすだけなら簡単です。食べなければいいのです。

しかしお客様は1人ではそれができないからfis.に足を運んでくださったのです。

ジムに通うわけですから、ただ単に体重を減らすという目的ではないはずです。

本当は言いたいけど恥ずかしくて言えないことが含まれているかもしれません。

本当は「モデルみたいになりたい。」「お尻が垂れてきたから昔みたいにあげたい」「足を細くしたい」「バストアップがしたい」本当はもっと心の中で思っているはずです。

でも今の自分に自信がないから、言えないだけでいるかもしれないのです。

fis.のトレーナーはお客様の言葉の裏側にある真実を見抜き、お客様に必要なサービスを提供することが大切です。

共感力

共感力とは、お客様の要望、喜び、悔しさなどに共感する能力のことを言います。

筋肉をつけたい、脂肪を落としたい、楽しい、嬉しい、苦しい、痛いなど、身体作りにはいろいろな感情が沸き起こってくるものです。

fis.のトレーナーはこのようなお客様の感情に共感する能力が必要です。

お客様が嬉しいときはトレーナーも嬉しい、お客様が苦しいときはトレーナーは励ます、痛いときは痛くない方法を考えるなど、お客様に共感することによってよりよいサービスへとつながり、トレーナーのやりがいになります。

共感できるというのはとても大切な能力なのです。

包容力

包容力とは受け入れることができる能力のことを言います。

お客様の中にはさまざまな方がいらっしゃいます。

トレーナーのやり方ではなく自分のやり方でやりたい人、自分の不甲斐なさから自虐的になってしまう人、トレーナーに当たってしまう人、さまざまな人がいらっしゃいますが、それらを受け入れる包容力が必要です。

お客様はわざわざお金を払ってパーソナルトレーニングジムにお越しくださっているわけですから、強い意志を持ってきています。

思うようにいかないから一時的にこのような状態になってしまっているだけなのです。

fis.のトレーナーはそのようなお客様を受け入れ、お客様ががんばれるように適切なアドバイスをすることが必要です。

2.トレーニング知識・技能

トレーナーとして知識と技能は当たり前ですが絶対に必要です。

トレーニングや人間の身体というのは非常に奥が深く、一朝一夕で理解できるものではありません。

日ごろから勉強し、自分の身体でも試してみながら、これは効いている、これは間違っている、筋肉の痛み、精神的な苦しみなど、自分の身体で感じることが大切です。

自分で経験したことがないとお客様が今どういう状態なのかが理解できません。

トレーナーの中では自分は教える専門であまりトレーニングはしないと言い切ってしまう人もいるようです。

fis.オーナーはこのような人を信用しません。人間の身体って教科書で語れるほど簡単なものではないからです。

fis.ではトレーナーの知識・技能向上のため定期的にアドバイザーによる研修を行っていますが、それだけでなく、日ごろから本気でトレーニングしているトレーナーしか採用していません。

3.管理能力(自己管理・店舗管理)

fis.のトレーナーは各店舗に1名という配置方針のため、研修が終わればだれもが「店長」として働くことになります。

そのため、管理能力が非常に大切になってきます。

自己管理力

自己管理力とは、自分の体調管理やモチベーション維持をする能力のことをいいます。

店長というのは1人で仕事をするものですから、風邪で休めばお客様にご迷惑をかけてしまいます。

モチベーションが低くなればサービスの質が低下しますし、仕事がおもしろくなくなります。

fis.のトレーナーは店長として高い自己管理力が必要です。

店舗管理力

fis.のトレーナーは店長です。店舗を1つ任されるわけですから、パーソナルトレーニングをするだけではありません。

トレーニング器具に故障はないか、お客様が気持ちよく過ごせる環境になっているか、もっと良いジムにする方法はないかなど、さまざまなことに気を配れる人でなければなりません。

店舗管理力がないトレーナーはfis.で働くことはできません。

シェアお願いします。画像

60分無料体験!

体験申し込み

LINEから無料体験を予約する

無料体験を希望される店舗を友だち追加して希望日時をご連絡ください。