パーソナルトレーニングで増量を指導される2つのケース

投稿日:

パーソナルトレーニングと聞くと体重を減らすいわゆる”ダイエット”というイメージがあります。

パーソナルトレーニングをしたいと思う方は太ってしまい痩せたいというご要望を持ちの方が多いからです。

しかし中には逆に体重を重くする”増量”を指導されるケースもあります。

なぜ増量を指導されるのでしょうか?また増量することによるメリットなどをお話したいと思います。

1.脂肪も筋肉もないガリガリ体型のケース

パーソナルトレーニングジムの中には痩せたいというご要望とは逆に、太りたいという理由でお越しいただくお客様もいらっしゃいます。

太りたい=ガタイが良くなりたいということなのですが、世の中には体質的に食べても太らず男性でも身体が細すぎて悩んでいる方がいらっしゃいます。

そういった方は、胃下垂ぎみで消化能力が低めで、食べすぎるとお腹を下してしまったりして体重がなかなか増えない方が多いです。

女性も男性もそうなのですが、女性で太らない体質というのは羨ましがられることもあるようですが、特に男性では細すぎる身体にコンプレックスをお持ちの方もいらっしゃいます。

ガリガリ体型の人が身体を大きく太くするためには

まず身体を大きく太くするためには、筋肉をつけなくてはなりません。

筋肉をつければ自然と脂肪もついてきますので、筋肉をつけることを最優先に考えましょう。

筋肉をつけるためには、ウエイトトレーニングと適切な食事(栄養摂取)をすることが大切です。

ウエイトトレーニングはパーソナルトレーニングジムでできますが、要は適切な食事の方が問題です。

たくさん食べられる方であれば問題ないですが、そうではないのでやせ形で困っているわけですから、そういった方でもきちんと栄養がとれる方法を考えなくてはなりません。

まず重要なのが食事回数をできるだけ増やすということです。

一度にたくさん食べられない方でも、間食を増やすことで1日あたりの食事量を増やすことが可能です。

例えば、普段通りの1日3食+2~3回、例えば大福のような脂肪分が少なく炭水化物やタンパク質が多いものを摂取したり、おにぎりやサンドイッチでもよいです。

仕事等でそれも難しい場合は、炭水化物が多く含まれたプロテインを摂取するのもおすすめです。

無駄に脂肪分をとる必要はありませんので、炭水化物とタンパク質を小分けにして摂取するように心がけましょう。

小分けにすることで常に身体に栄養が供給され続けますので、筋肉をつけるためにベストな環境にすることができます。

プロテインにもどこでも飲みやすいドリンクタイプやゼリータイプもありますので、それらを有効活用しながら増量を進めるとよいでしょう。

また増量ペースを早めたい方は、寝る前に消化の良いものをとることもおすすめです。

例えば、卵雑炊やプロテインなどです。

寝る前に食べるのが1番肉になりやすいです。ただし、あまり量をとってしまうと消化不良等で翌朝お腹が重くなってしまう方は、量を調節したり増量ペースを落とした方がよいでしょう。

2.ボディビルダーのようなレベルの高いマッチョになりたい方

一般レベルでいい体になりたいというのであれば、特にたくさん食べて10kgも増やさなければならないほどの増量は必要ありません。

食事管理をして、きちんと低脂肪でタンパク質と炭水化物をとることを心がけていれば十分にいい体と言われるほどにはなれます。

しかしボディビルダーのような一般レベルを超えた身体を手に入れたい方は、この方法ではかなり時間がかかってしまいます。

筋肉をつけるという1点のみを考えるのであれば、なんでもかんでも暴飲暴食をしてたくさんトレーニングをしてたくさん寝れば、筋肉量はかなり増えます。

しかし同時に脂肪もかなり増えます。お相撲さんのような体型です。扱える重量もどんどん増えますので、トレーニングがかなり面白くなってきます。

10kg~20kgほど増量できたら、今度は-8kg~-18kg程度減量します。

もちろん必要な栄養をとりながらの減量ですが、これが成功すれば以前よりもかなり筋肉が残った状態で脂肪がそぎ落とされますので、かなりいい体になります。

ボディビルダーの方はこのように増量と減量を繰り返して、効率的にどんどん身体を作っていきます。

しかしfis.にお越しくださるような一般の方にはこの方法はあまりおすすめしません。

なぜなら、身体にすごく負担がかかるからです。

このようなハードな減量をすると、食べられないストレスもありますし体調も崩しやすくなります。またイライラもします。

また一度身体を作ってもその状態を維持することは難しいので、必ずリバウンドします。

リバウンド=増量期と考えるのであれば良いですが、一般の方はそこそこいい体を長く維持したいというのがご希望ではないでしょうか。

であれば、このように身体に負担をかける方法ではなく、少しずつ身体をいい状態に慣れさせ維持することの方が方法としては適切だと思います。

まずは無料体験!

1時間 無料体験予約

関連記事

パーソナルトレーニングを受けたその後、体型を維持するためにすべき3つのこと

パーソナルトレーニングは2か月や3か月程度で1コース終了するケースが多いです。 fis.でも初回は16回コースで週2回ペースで通っていただいたとして、 …

秋冬の間にパーソナルトレーニングジムで身体を鍛えておくことの重要性

パーソナルトレーニングジムに通うと聞くと夏前の春ぐらいから始める方が多いようです。 やはり夏は水着を着たり薄着になる季節ですので身体のライン …