秋冬の間にパーソナルトレーニングジムで身体を鍛えておくことの重要性

投稿日:2017年9月19日 更新日:

パーソナルトレーニングジムに通うと聞くと夏前の春ぐらいから始める方が多いようです。

やはり夏は水着を着たり薄着になる季節ですので身体のラインが見えやすく、反対に秋や冬は厚着になりますので身体のラインを隠すことができるからでしょう。

夏だけ理想の身体になっていればいいということであれば構わないのですが、できることなら夏でも冬でも1年を通して理想の身体を維持できるのが1番の望みではないでしょうか?

大阪のパーソナルトレーニングジム fis.では、2か月だけといった短期的なダイエットではなく、継続的にトレーニングと適切な食事を行うことにより1年を通して理想の身体を維持するためのパーソナルトレーニングサービスを提供しています。

そんなfis.が理想の身体を維持するためには、秋冬の間にしっかりと身体を鍛えておくことがなぜ大切なのかご解説したいと思います。

冬は脂肪を蓄えやすい時期

動物の熊は冬に冬眠をしますので、夏~秋にかけて狂ったようにたくさんの鮭や木の実などを食べあさります。

身体に脂肪をたくさん蓄えることで、身体にエネルギー源を蓄えかつ冬の厳しい寒さにも強くなります。

これと同じような現象が実は人間にも起こります。

人間は冬眠はしませんが、冬に身体を寒さから守ろうと脂肪を蓄えようとします。そのため、夏は暑さで食欲が減りますが秋になり気候が良くなってくると、たくさん食べて脂肪を蓄えようとするのです。”食欲の秋”なんて言ったりしますね。

これは人間の本能的な部分なのですが、現代の人間社会は暖かい服も食べ物もたくさんありますので、身体に脂肪を蓄える必要がありません。

むしろ飽食の時代、栄養がありすぎる食べ物がたくさんありますので、秋冬の期間で本能のままに食べてしまうと必要以上の脂肪を蓄えてしまいます。

冬はクリスマスにお正月と何かとたくさん食べるウキウキするイベントがたくさんありますので、この期間にろくにトレーニングもせず好きなだけ食べていては、理想の身体を維持することは難しくなります。

冬は1日の運動量が最も減る時期

1年を通して1日あたりの運動量が減るのが冬です。

通勤や通学で歩いている方はいいですが、春~秋は歩いていた距離も寒いので車で行ったりと、できるだけ寒くない方法を選びがちです。

また寒いので汗をかきにくく新陳代謝が下がる時期ですので、それも冬に脂肪を蓄えやすい理由の1つとなっています。

冬にも筋トレをして少しでも身体を動かす努力をすればよいのですが、実際そこまで意志が強い方はほとんどいなく、多くの方は暖かい部屋でミカンやお菓子でも食べながら1日を過ごすのが一般的ではないかと思います。

fis.オーナーの私もそういったことは大好きな人間です。

秋冬の間にできるだけ筋肉の貯蓄をしておこう!

秋冬の間こそしっかりとトレーニングをして身体を鍛えておくべきです。

本来冬は脂肪を蓄えやすい条件が揃っていますので、普通に生活していれば脂肪を蓄えて太ってしまいます。

しかし秋冬の間にしっかりと身体を鍛えておけば、春になり暖かくなってきて新陳代謝が上がってくると、昨年よりも必ず良い体になっています。

身体というのは1年を通して管理していく必要がありますから、春~夏だけでなく秋~冬もきちんと鍛えておくことがとても大切なのです。

ただこれをするためには意志の強さが求められます。

普通の人は寒さに負けてやらなくなります。

そこでfis.のようなパーソナルトレーニングジムが威力を発揮すると思います。

パーソナルトレーニングジムに通えばトレーナーに励ましてもらえますし、いい意味で管理してもらえます。

また行かなくてはならないという予定が埋まることで、意志が弱い方でも続けやすいのです。

また、冬の寒い時期でもトレーニングをしているという少し優越感のようなものもあったりします。

ぜひ、秋冬の寒い時期にこそfis.にお越しください。

暖かいお部屋と充実したパーソナルトレーニングを提供させていただきます。

まずは無料体験!

1時間 無料体験予約

関連記事

パーソナルトレーニングを受けたその後、体型を維持するためにすべき3つのこと

パーソナルトレーニングは2か月や3か月程度で1コース終了するケースが多いです。 fis.でも初回は16回コースで週2回ペースで通っていただいたとして、 …

パーソナルトレーニングで増量を指導される2つのケース

パーソナルトレーニングと聞くと体重を減らすいわゆる”ダイエット”というイメージがあります。 パーソナルトレーニングをしたいと思う方は太ってしま …